スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギーやアトピーの方におススメの青汁♪

ケール主体の青汁でアトピーの緩和と改善

 アトピー性の皮膚炎は、実に多くの方が、この現代の文明病にで困っているのです。アトピー性皮膚炎の患者様が人口あたりどれくらいの割合であるのか(有症率)専門医の健診によって調査しました。その結果、全国平均有症率は4カ月児12.8%、1歳半児9.8%、3歳児13.2%、小学1年生11.8%、小学6年生10.6%、大学1年生8.2%という報告がなされています。

アトピー性の皮膚炎の詳細について>財団法人日本アレルギー協会



食生活の変化やさまざまな原因によって多くの方のご家族が、アトピーで悩んでおられる話を伺います。青汁は、アトピー性の皮膚炎でお困りの方にもその症状を緩和する良い影響を与えるという報告があります。

青汁は、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいることから、欧米型の野菜が不足しがちな食生活が改善されことで健康な体質へ変化するといわれています。青汁の中でも特にケール主体の青汁が優れているそうです。

青汁のメーカーとして、よく知られている「ファンケル」では、ケール青汁の健康に対する研究を続けてきました。その研究の中で、ケール青汁の成分が、アレルギーの緩和に役立つ事を確認したということなのです。

試験的にアトピーの症状の方たちが、ケール青汁を飲用した場合、血中好酸球数血清IgE値などの数値が、正常に近づくのだそうです。アトピー性の治療においては、現在のところステロイド剤などによる薬などによる対処療法が、主流ですが、危険な副作用などもあり、根本的な治療には至ることが困難ともされます。

研究の結果、ケール青汁を習慣的に飲用することによって、体質が改善されてアトピー性皮膚炎の症状が緩和されることが期待できます。

血清IgE値
IgE(免疫グロブリンE)はアレルギーに関わる抗体。アトピー性皮膚炎患者の7~8割で血清IgE値が増加しているといわれています。
血中好酸球数
好酸球はアレルギー反応に関わる白血球の一種。血液中の好酸球数の増加はアトピー性皮膚炎症状の悪化の指標になります。


PR

キューサイ商品、初回限定キャンペーン実施中です!



毎日、青汁で健康生活!おススメの人気青汁商品♪

最新記事

メニュー

青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。
サイト運営者:Hiromi Saito


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。