スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青汁の種類 / 豆乳 】

豆乳青汁は、青汁の中にケールや大麦若葉、明日葉などの緑黄色野菜の青汁に、豆乳を加えたものをいいます。要ってみれば、青汁をブレンドすることによって、更に、飲みやすくなり、また、豊富なバラエティーに富んだ栄養素を加えることによって、健康機能性を高めたものと言えるでしょう。

その代表的なブレンド青汁として、この豆乳青汁が一般的に普及してきたと言えます。青汁の豊富な栄養素もさることながら、「豆乳」には、大豆パワーの源でもある美容に欠かせないビタミンの代表とされるB1、B2、B6に加えビタミンEを豊富に含んでおり、女性にとっては、肌の健康、美肌に欠かせないとても良い食品なのです。

青汁とこの豆乳の双方の栄養素の豊富なことを考えれば、合体することによって美味しくなるのならこれほど健康維持と生活習慣病の予防の為におすすめの青汁は、他にはないでしょう。

また、大豆には、鉄分においても、牛乳に比べ、「約10」と高く、貧血気味の方や、骨粗しょう症の予防にも、日頃から鉄分の補給におすすめです。このように、豆乳は、美肌にお勧めでもあり、ダイエット食品としても優れており、
青汁と一緒にとることによって、おなかに貯まることから、その他の食事で、カロリーを自然な形で制限することが出来ます。

この豆乳青汁は、日頃から、健康維持もさることながら、美容とダイエットを気にしておられる方には、青汁の持つ豊富な食物繊維によって、お通じを改善して、更にダイエット効果が高まることも期待できることから、とてもおすすめの飲み方では、無いでしょうか?

この豆乳青汁に更に美味しく飲むことが出来るように、「オリゴ糖」を加えたものが商品としてよく知られていますが、これは、豆乳青汁を飲みやすくするというだけでなく、オリゴ糖に含まれるビフィズス菌の整腸作用によって、豆乳青汁の豊富な成分を効率的に吸収してくれる役割をしているのです。

・【青汁の種類・タイプ】

最新記事

メニュー

青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。
サイト運営者:Hiromi Saito


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。