スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青汁で動脈硬化など生活習慣病の予防


毎日の青汁で健康な食生活野菜不足の解消や栄養バランスの改善の一助に

食生活が高脂肪、高たんぱくに傾いてくると、どうしても野菜の摂取量が減ってくる傾向にあります。

さらに、野菜の種類や採れる場所から、野菜そのものに含まれている栄養素が低くなってきている場合もあります。

普段の私達の食生活は、日頃、気をつけているつもりでも、野菜をとることがどうしても不足しがちな傾向にあるのです。

特に、現代人の食生活は、欧米化傾向で、肉食に偏りがちで、外食や添加物を含んだ加工食品を利用することが多くなっています。

従って、健康な体を維持する為の栄養のバランスが崩れがちなのです。

そんな状況を一手に解決することが出来るというのが青汁なのです。

普段から野菜嫌いで偏食傾向にある方は、日頃から健康を意識して青汁を役立ていただきたいと思います。

最近の青汁は、非常に飲み安く加工された商品が多く販売されています。

手軽に、野菜不足をおぎなえて、食物繊維の不足も解消できる青汁を積極的に採られることをおススメします。


青汁で動脈硬化の予防など生活習慣病対策

認知症は、年々、若年化傾向にあります。

青汁には、脳の老化を予防する為に良いとされる「葉酸」を多く含んでいます。

「葉酸」は、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンBの一種で、認知症の予防に効果があるといわれており、青汁には、その「葉酸」が、多く含まれているのです。

認知症と一つとして知られているアルツハイマー病は、動脈硬化による原因が一つに挙げられています。

この動脈硬化を防ぐ効果が期待されるのが、この「葉酸」です。

この青汁に含まれる「葉酸」は、比較的熱に弱く、吸収されにくい性質があり、効率よくこの青汁に含まれている「葉酸」を摂取するためにすすめの青汁のタイプは、液状のジュースタイプで飲まれることがおすすめです。

この「葉酸」を動脈硬化の予防とももに若年性アルツハイマー、認知症の予防として、青汁で摂取する場合の目安を厚生労働省では、「葉酸」の一日の摂取量の目安について、健康な成人の場合、一日に240μgとされています。

液状タイプのケール主体の青汁の場合で、一杯の目安で、一日の必要摂取量の約半分になりますので、「一日2杯の青汁」が動脈硬化の予防に最適な「葉酸」の量となります。

多くの人の最近の食生活は、偏りがちでバランスよく普段の食事から栄養素を確保するということは、なかなか困難な時代のようです。

日頃から、やはり健康を第一に考え、健康についての常識や知識を取り入れることによって、出来るだけ規則正しい、バランスの取れた食生活を保ちましょう。

そのような意味では、多くの栄養をバランスよく含んでいるこの青汁は、効果的かつ効率よく健康を維持できる食品としてまた、生活習慣病の予防としても、おすすめします。










最新記事

メニュー

青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。
サイト運営者:Hiromi Saito


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。