スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣病の予防のために青汁


aojiru34.jpg

ケールを利用した青汁は、青汁の中でも最もポピュラーな原料として知られています。

緑黄色野菜の中でも非常に栄養バランスが優れており、もともと、ケールの原産はアブラナ科の植物で、南ヨーロッパが原産とされます。

この青汁として利用されるケールは、年中、収穫することが可能です。

ケールを、普段の野菜として生活の中で食しているキャベツと、同じものと勘違いされる方が多いようですが、キャベツの丸く「結球」しているわけではなく、どちらかと言えば、白菜のような形を想像していただければいいかと思います。

青汁の原料であるそのケールは、豊富な栄養素が含み、緑黄色野菜の中でもビタミンやミネラルの含有量が、高いことから、青汁として、好材料材として、注目、利用されてきました。

青汁の原料であるケールに含まれる食物繊維は、体の腸内を掃除し有害な毒素を対外に排出することを促進することはよくご存知のことかと思います。

また、腸の作用を整え、便秘の解消にも役立ちます。

ケールに含まれている「葉緑素」には、血液に関するのトラブルの予防効果があり、造血作用を促し、高血圧、血糖値上昇を抑制したり、コレステロールの数値を改善する効果があることで知られています。

ケールには、生活習慣病の原因の一つである活性酸素を抑える効果があり、生活習慣病の予防と改善効能も期待されています。


最新記事

メニュー

青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。
サイト運営者:Hiromi Saito


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。