【青汁の種類 /青じそ 】

健康維持と生活習慣病の予防として、毎日継続して青汁を続ける方の中には、その青汁の原料として、紫蘇(しそ)を主体とした青汁をご利用になったいらっしゃる方も多いのですよ。紫蘇(しそ)と言えば、梅干を作るときに登場します。また、刺身などのつまとしても利用されたりすることは、よくご存知のことと思います。

刺身のつまなどに利用されることの理由のひとつには、青汁として使われる「しそ」には、毒消し作用があることで知られています。前記のように、サラダやお刺身などのつまとして添えたりするのは、そのためであるということもあるのです。

あまり食べることを意識することは、少ないかもしれませんが、この紫蘇(しそ)の青汁は、緑黄色野菜の中でも大変栄養価の高い食材なのです。特に、体の老化を予防するビタミンの中のベーターカロチンが、「かぼちゃの3倍」以上といわれています。また、鉄分やミネラル、ビタミンB1、B2も豊富です。アレルギーの改善にも作用するビタミン、α-リノレン酸も含まれています。ビタミンCも多く健康維持と美容には特におすすめです。

東洋医学では古くから、青じそは胃腸の調子を回復し、免疫力を高める食材として体の働きをよくする効果が知られてきました。特に、最近の研究においては、加齢臭に効果的な消臭作用、抗酸化作用、血中のアルコールを分解する作用や、タバコのニコチンやタールを体外に排出する解毒作用も認められています。

医学的にも、このような事実が認めらているというのは、昔の人の経験的な知恵というものは、本当に侮れないものです。青じそには、「ペリルアルデヒド」と呼ばれる香り成分が、気分をリフレッシュしてくれる香りとして効果があり、口臭や体臭、加齢臭にも良いと言う事です。また、青じそ青汁は、青汁の中でも、ケール主体の青汁などと比べると非常に飲みやすくなっています。健康維持と生活習慣病の予防の為に、この紫蘇(しそ)青汁もおすすめですね。

・【青汁の種類・タイプ】
スポンサーサイト




青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。

メニュー