【青汁の種類 /いぐさ・ い草 】

緑黄色野菜として、い草(イ草)がそのまま、食材として料理に利用されたりして食卓に上ることは、あまりないのではないかと思います。また、青汁として、い草(イ草)を利用することもあまり身近に感じるということも無いのではないでしょうか? なんとなく、すこし、抵抗を感じる方もおおいでしょう。

青汁として、健康維持や生活習慣病の予防として利用されるい草(イ草)は、その特徴である、食物繊維の豊富さで、最近、健康食品としての人気が高まっていまるのす。

前記のように「井草(いぐさ)」と聞けば、まず最初に思い出すのが畳の材料として使われる「いぐさ」ですね。青汁として利用されるいぐさは、畳で使用しているものとは栽培方法が違うのです。

イグサ(い草)は、食物繊維のかたまりと言ってもいいくらいで、野菜のレタスと比較すると、40倍。青汁の代表選手であるケールの1.5倍に、相当する食物繊維を含んでいるのです。

このいぐさの特徴である食物繊維の豊富さから、おなかの中の掃除にはもってこいの食材なのです。便秘などのお通じでお困りの方には、特に食物繊維の多いこのイ草(いぐさ)青汁をおすすめします。健康維持や生活習慣病の予防のみならず、便秘は、美容やダイエットの大敵とも言われます。食物繊維の豊富ない草は、太りすぎで駒っていらっしゃる方のダイエットにもおすすめです。

多くの青汁の原料となるこれらの草の葉は、多くの場合、古くから民間療法として、薬草などとして煎じて飲まれていたと言う習慣があります。この、い草(伊草)も例に漏れず、薬草として、古くから利用されてきた歴史があり、利尿作用や、抗菌作用が強いので、傷口の消毒薬など度して使われてきました。

赤ワインやチョコレートなどに含まれる血液をサラサラにするといわれる「ポリフェノール」にいたっても、赤ワインの30倍も含まれているといわれているのです。この数値の高さから見ても、この伊草を主体とした青汁の健康食品としての機能の高さがわかります。

い草を主体とした青汁は、比較的飲みやすく粉末状でも溶けやすくそのままでも飲めますが、ケールや明日葉、大麦若葉などの一般的な青汁同様、牛乳やその他のジュースに混ぜたりして美味しく飲むことが出来ます。


・【青汁の種類・タイプ】
スポンサーサイト




青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。

メニュー