スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機(オーガニック)農法で作られた大麦若葉の青汁


青汁は、ビタミンやミネラルなど栄養素が豊富で、バランスの取れた健康食品です。

野菜の摂取量の目安は、大体、一日に350グラムが目安とされていますが、食生活の変化により、摂取量が十分に足りていない年代の方が多いのです。

体の健康を考えて、野菜の中でも緑黄色野菜を中心に、積極的に補うために、青汁をお勧めします。

様々な種類の中でも、美味しく飲める大麦若葉主体の青汁が、人気です。

大麦若葉に含まれる栄養素には、マグネシウム、βカロテン、葉酸、食物繊維など、その他にも体に必要な栄養素が含まれています。

自然の大地で有機農法による無農薬で作られたオーガニック青汁。

とても安心して飲めますよね。

お子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで、美味しく飲めて健康な家族へ。

美味しく飲めるのは大麦若葉の青汁です。

健康な体作りのための健康維持、生活習慣病の予防のために、おすすめいたします。





有機大麦若葉を使用した有機高原の青汁!





スポンサーサイト

大麦若葉を主体とした青汁は、とても美味しくて飲みやすい


青汁を長く続けていると、健康というもののありがたさを痛感いたします。

青汁を始める前までは、毎年のように冬になると風邪を引いていたのですが、不思議なことに青汁を継続的に飲み続けていたら風邪を引かなくなったのです。また、4年ほど前に、花粉症のアレルギーで発症して、花粉の季節になると特有の症状で悩まされていました。

その時、友人から「青汁」を初めてすすめられることによって、花粉症の症状が和らぐかもしれないと思って、始めてみることにしました。 その年の花粉症は、青汁を始めたものの、やはり発症は治まりませんでした。始めてすぐだったので、然程、青汁にそのような効果を期待をしているわけではありませんでした。

生来、好き嫌いが激しくて、あまり野菜なども積極的に採るほうではなかったことから、青汁なら食物繊維も豊富で、ビタミンなど野菜に必要な栄養素も十分にとることが出来るということに、とにかく、健康の為に続けることにしました。

そのときに、飲んでいたのは、ケールを主体にした青汁でした。

最初は、飲むことを続けるということに、多少の抵抗を感じながらどうにかこうにか、続けることができていたというのが、本音です。ケール特有の青臭さというのは、ある程度、工夫をしなければ、美味しく飲むとうことには、少し、遠いかもしれません。

でも、慣れというのは、恐ろしいもので、半年も続けてくると、もう、味というものに対する感覚よりも、健康なものなのだからというような意識が働き、言ってみれば、飲むことが習慣になる。

気が付いてみると、その冬には、風邪をひくことがなかったのです。毎年、風邪をひいていたのに。そして、青汁の確かさを実感したのが、次の春でした。

花粉症が治まっていたのです。

不思議というか、ありがたいというか。 

なんともいえない感情が湧いてきました。続けるということはこういうことなのかと。

心の中で、その青汁の確かさを言うものを、私自身の体で、実感し、確信できたわけです。

そんな風なことを経験しながら、もう4年近くなろうとするわけです。

現在は、青汁の種類も増えたことで、非常に手軽に、いろんな種類の青汁を楽しむことが出来ます。

いまは、青汁の中でも有機大麦若葉を主体とした青汁を飲んでいます。

青汁の大麦若葉は、そのままでも美味しく飲むことが出来ることから、家族みんなで欠かさず飲めるということでとても、我が家では、重宝しています。







大麦若葉は、食物繊維豊富でとても飲みやすく美味しい青汁です。


大麦というのは、ビールなどに使用されるので、よくご存知かと思います。そんな大麦が、青汁として多くの人に飲まれている。大麦というのは、大昔から存在するものです。青汁の中では、ケールについで親しまれているのです。


青汁に含まれている食物繊維は豊富で、青汁としてとして摘み取られる状態は、最も栄養価の高い若葉の状態。その状態で摘み取られた大麦若葉の栄養価は、もう、とんでもなく他の野菜などに比べると、突出した数値を吐き出すのです。

青汁をおススメするのは、その効果と性能の良さをアピールしているのでありますが、この数値を見れば、もう、納得する以外に無いのであります。はっきり言って、他の野菜を調理して食べることの意味さえ無意味になってしまうのです。ちょっと極端に走りすぎましたね。

いくつか、大まか成す内として例を挙げてみますと、カリウムは約18倍、カルシウムは約11倍、マグネシウムは約4倍の量などとなっています。これらの栄養素の数値が何に良いのかというのは、また、別の機会に致しまして、それほど、優れたところがあるということなのです。

当然、これら以外の栄養素についても豊富であることから、一つ一つの栄養素が、人の健康に及ぼすことの効果らしきことを述べることになれば、それ相当の記述が必要になるのですが、今回は、割愛させていただきまして、青汁のよさをご理解いただきたいと思います。

最後に、この大麦若葉の青汁は、美味しいということで締めくくらせていただきたいのです。青汁のイメージには、青臭く、飲みづらいということを先入観念のようにもっていらっしゃる方がおられます。大麦若葉青汁に限れば、とても美味しく頂くことができますので、ぜひ、健康で長生きと思いの方には、青汁を生涯にわたってお続けになることをおススメします。






大麦若葉を使った青汁の 抗酸化作用で、いつまでも若々しく健康なお肌を


青汁で健康生活の毎日は、生活習慣病との「さよなら」を意味することになるのです。

健康な時には、生活習慣というものをチェックする機会というのが、なかなかありません。

自覚症状などがないことは、健康な証拠などと都合の良い生活を反省しなければならないということに少し心当たりのある方は、青汁に関心を持っていただければ幸いです。

健康維持のために、人気の青汁には様々な種類の商品があります。

そのなかでも、人気の高い大麦若葉を主体とした青汁ですが、とても多くの栄養素が含まれていて、美味しくて飲みやすいことが多くの人に好評です。

健康意識の高まりとともに、若年層にもこの青汁が浸透してきたのもこの美味しく飲める大麦若葉を主体にした青汁によることころ非常に大きいといわれます。

健康に良いものは、美味しくなければならないということではありません。しかし、健康食品というものは、健康な生活を維持する為に始めるものですね。

その結果を確かめるためには、毎日の食生活補助として、リズム正しく継続することが大切なのです。そこで、やはり、続ける為には、生活習慣を完全するために、健康に良いことは勿論ですが、続けることに苦痛を感じないということは、1つの大切な条件とも言えるでしょう。

大麦若葉の青汁の効用には、食物繊維はじめ、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、酸化を防ぐ抗酸化物質が含まれていることは注目に価すべき点かもしれませんね。美容とアンチエンジングを意識しておられる方には、この青汁がいいでしょう。

青汁を続けることで、健康的な生活に変化がはっきりと感じられるようになれば、毎日が楽しく明るく輝いて自信をもって生活を送れることにつながるでしょう。

大麦若葉の青汁をぜひ、はじめてみてください。








大麦若葉の青汁に含まれている栄養素
食物繊維、アミノ酸、ビタミンB6、ビタミンC,ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、カロチン、ビオチン、葉酸、β-カロチン、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、葉緑素、、カフェイン(無水)、β-グルカン、グルコン酸など多数。



大麦若葉の美味しいおススメ青汁♪

飲みやすくおいしい大麦若葉青汁

青汁の中でも大麦若葉主体の青汁は、美味しく飲みやすく人気があります。

大麦若葉は、大麦の新芽のことをいい、何度も踏みつけれても、その株数を増やしてゆく生命力の強さで知られています。

この大麦若葉は、ケール主体の青汁と比べると、独特の青臭さが無く、味も飲みやすく多くの方に好まれ、愛飲されています。

うるおい生華Βサイエンスは、この大麦若葉に、有機緑茶末とオリゴ糖を加えて、贅沢な味に仕上げました。ぜひ、一度、お試しください。

青汁は、こんな方におススメ!

・健康改善で、スムースな毎日を送りたいと望んでおられる方
・普段から、緑黄色野菜の不足を感じておられる方
・青汁は、苦手と感じておられる方
・栄養バランスが偏りがちな方

大麦若葉で作ったおいしい青汁には、大麦βグルカンが非常に豊富に含まれています。

毎日続けることによって体の中から健康になれます。

大麦ベータグルカン(β-グルカン)

ベータグルカンとは多糖類の総称で、砂糖成分から出来ていますが甘みは無く、食物繊維に分類されます。このベータグルカン(β-グルカン)は、健康に関して幅広い分野で研究されています。いち早く青汁の原料である大麦若葉に含まれるベータグルカン(β-グルカン)に着目したのが、「うるおい生華βサイエンス」です。

【青汁の種類 / 大麦若葉 】

大麦若葉の青汁は、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富であり、その特徴は、美味しくのみやすいということにあります。

大麦は、小麦と同様に作物の中では、古くから存在する原料です。日本にでは、奈良時代の頃には、幅広く分布していました。大麦の成長する過程で、草丈が20から30cm程度に成長した大麦の若葉の事を「大麦若葉」といいます。

その大麦の若葉を搾ったものが大麦若葉青汁です。大麦若葉には、他の緑黄色野菜に比べてビタミンやカルシウムなど、ミネラルを豊富にバランスよく含んでいることから、普段の食事において不足しがちな栄養素を効果的に補うことが出来ます。

ビタミンやミネラルは、健康を維持、また、生活習慣病や老化を防止する上で、欠かせないビタミンであることは、言うまでもありません。また、大麦若葉に含まれる葉緑素は、デトックス作用あり、猛毒性の強いダイオキシンや、コレステロールを吸着し体外に排出してくれる働きがあると言われます。最近では、がんを抑制する作用があることもわかっています。

大麦若葉青汁は、健康維持には、欠かすことの出来ない豊富な栄養素に富むことから、内臓が弱い方や、生活習慣病の予防、日頃から、ビタミンなど、野菜、果物などの摂取が不足しがちな方など、様々な健康面において、不安を感じておられる方には、一つの健康習慣として、この大麦若葉青汁をおすすめします。

タバコを吸われる方や、普段から精神的なストレスを感じておられる方には、ぜひ、おすすめします。

代表的な、飲み方としては、やはりレモンやりんご、蜂蜜などを加えると、それぞれのもつ良い部分が加わり、更に飲み安くなります。とくに、果物の中でも、「一日、一個のりんごは、病気を遠ざけるとも」いわれ、そのビタミンの豊富さに優れていことで知られています。


最新記事

メニュー

青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。
サイト運営者:Hiromi Saito


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。