【青汁の愛好者の声】 青健康指向の芸能人


芸能人の青汁愛好者

青汁人気が高まったのは、
健康にとても良いことは、勿論ですが、日ごろ青汁を愛飲しているという
有名芸能人もたくさんいらっしゃることも多いこともあげれるでしょう。

そこで、青汁を愛飲されている芸能人の方たちを調べてみました。

「マズーイ!もう一杯!」で知られる「キューサイの青汁」

青汁の存在を、しかも、CMで、「まずい」ものとして、
青汁を世に知らしめて、存在を確立し、ここまで人気が高まったのも
この「キューサイの青汁」のCMが、あったおかげといっても過言ではないでしょう。

「キューサイの青汁」、青汁人気の立役者の俳優の「八名信夫」さん。

この、青汁のCM出演がきっかけで、もう10年来の青汁ファンだということです。

飲み始めて、翌朝の寝覚めが良くなって、胃もたれや、ムカムカが解消され、
野菜嫌いで、肉食中心の偏った生活から解消されたそうです。

テレビのリポーターとして、活躍されている「東海林のり子」さん。
また、俳優の「原日出子」さんなど、ご家族みなさんで、愛飲されているとも聞かれます。


青汁を愛飲しているその他の有名芸能人の方々。

杉本彩
原日出子
古賀稔彦(柔道家)さつま青汁愛用
中井美穂(タレント)
中谷美紀
水道橋博士
八名信夫
揚田.あき(タレント)
石坂ちなみ
東海林のりこ
:敬称略



キュウサイの青汁の発展の立役者、俳優の八名信夫さん

キュウサイの「青汁」のみならず、「青汁」の現在の人気の高さがあるのも、
悪役として、あまりにも有名な俳優の「八名信夫」さんの、

あの、「う~ん!まずい! もう一杯!」がなければ、なかったのかもしれません。

ヒットメーカーだけでなく、青汁業界全体の立役者でもあるわけです。

ちょっと、誉めすぎですか?

八名信夫さんのこの、「う~ん!まずい! もう一杯!」は、
前もって決められていた台詞ではなく、本人の自然な台詞が
そのまま採用されたというのです。

実に、驚くべき裏話ですね。

八名信夫 プロフィール
1935年 岡山市出身 八名信夫 明治大学から東映フライヤーズ(現日本ハム)にピッチャーとして入団しかし、登板中の怪我の為、プロ生活を ... 「キューサイ青汁」 「AC公共広告機構~他人の子も叱ろう 大人を逃げるな」 ~ACC賞など6部門で賞を受賞~

高橋ミカ-芸能人の青汁マニア

芸能界でも話題の「高橋ミカ」さんは、とんでもなく「青汁マニア」だとか。また、ビューティーマニアでもあるのです。高橋ミカ(たかはし みか、1971年 - )は東京都出身のエステシャンなのです。別の名を、「ゴッドハンド高橋ミカ」とも呼ばれており、その業界におけるかなりのカリスマ性を感じることが出来ますね。

その高橋ミカさんが、自他共に認めるという「青汁マニア」ぶりも、相当なものらしいです。

青汁は、美容や健康によい事は、当然であることから、その味については、誰が飲んでも美味しくなくてはならないという、そのポリシーのもとに、「2年もの歳月をかけ120回もの試作を繰り返し」、栄養豊富で、しかも美味しい青汁の拘った商品を自ら開発して商品化したということなのです。

ミッシーリスト の大人気商品『 美力青汁 』という商品。このほかにも美容と健康に関するサプリメントやグッズアイテムを扱うショップサイトを持っておられます。美の力のもと、「美力青汁」、名前がいいですね。


青汁愛好者の声-路上ライブは、青汁が健康の原動力

青汁を飲むことはライブを成功させるおまじない。青汁愛好者の中には、当然、さまざまな職業の人たちがいます。でも、みんな体に気をつかっているのですね。人一倍、健康に気を使う人はやはり、青汁を選ぶ?15年以上活動を続けているシンガーソングライターの田宮 俊彦さん。自分の夢を叶える為に、音楽の道に入ったといいます。でも、その道はそんなに楽なものではなかった道のりでしょう。

そんな、苦労の道のりを歩んでこれたのも、夢があるから。そして、肝心な健康があったからでしょう。その健康の大切さを一所懸命、生きてきたからなおさら、健康の大切さをわかっておられるのでしょうね。毎日の青汁を欠かさない習慣も、音楽で自分の夢を叶えるための原動力担っているのでしょうね。
(詳細は下記記事を参照)

アコギ”1本のソロ公演
5月2日に町田市民ホールでライブを行うソロミュージシャン
田宮 俊彦さん伊勢原市在住 34歳

○…厚木や海老名、町田などで演奏活動を15年以上続けているシンガーソングライター。「バンドの音にはかなわない」「ギター一本でなにが出来る」。時折耳にする痛烈な言葉は、一人で活動を続ける日々を平坦なものにしなかった。悔しい日々を送りながら夢にまで見たステージが今目の前に迫っている。5月2日(土)、町田市民ホール。メジャー契約をしていないシンガーによる単独コンサートが初なら“アコギ”1本でのソロ公演も初だという。

○…伊勢原に越して2年。都内のライブや郵便局での配達の仕事が終わって帰る新たな地元は、落ち着いた雰囲気が気に入っている。「自分で髪を切る」、「青汁を欠かさず飲む」などの習慣は、ライブを成功させるおまじないみたいなものとして欠かさない。「この市民ホールでのライブで何かを感じてもらえれば」。曲はもちろん、その人柄から町田の10代、20代のミュージシャンからも慕われている。待ち受けるのは自分だけではなく、みんなの夢も背負ってのステージだ。
(タウンニュースより)







【青汁の愛好者の声】

「食べるイ草」で地元貢献を目指す、稲田剛夫さん

イ草といえば、畳を想像する方がほとんどだと思います。でも、イ草は、食用としても作られているのです。青汁の原料として、とても多くの食物繊維や、栄養素が含まれている緑黄色野菜なのです。

青汁に使用される食用のイ草は、畳などに使用されているイ草の栽培法とは、随分違うということです。
(青汁の種類- いぐさ青汁より)

会いたい聞きたい:「食べるイ草」で地元貢献を目指す(熊本)

◇「特産で八代を元気に」--稲田剛夫さん(66)
八代地方は今、30センチほどに伸びた特産のイ草畑が広がっている。洋間中心の家が増え、生産農家が苦境にある中、イ草を畳だけでなく「食用」に用途を拡大し、需要の掘り起こしを進めている人がいる。八代市鏡町の有限会社「イナダ」の稲田剛夫社長(66)は、イ草業界のベンチャーでもある。【笠井光俊】

 --イ草を食用に粉末化した商品を開発してから17年目になるそうですね。

◆はい、でも「イ草を食べる」という感覚はまだ広がっていません。既成概念を打ち破るのは大変です。ただ、やっぱり八代を元気にするのはイ草です。イ草で栄えた街としての知識や経験を畳以外でも生かすべきです。

 --開発の際にはいろいろな苦労があったと想像します。

◆以前から「八代・鏡地域には土産物がない。特に食べ物が」と思っていて、「特産のイ草を食べられないか」と考えたわけです。勉強のため図書館に2年通い、県工業技術センター(熊本市)にイ草の成分を分析してもらいました。

 --無農薬生産にこだわっています。

◆食品にする以上、農薬は使えません。当初は生産を農家に頼もうとしましたが難しく、自分で作り始めました。今は5アールの畑で11月ごろに苗を植え、初夏に収穫します。その間はひたすら雑草取りに追われる毎日です。

 --イ草の良さは何ですか。

◆食物繊維や栄養素を多く含んでいます。粉末を溶かした液に魚や肉を浸すとくさみが消えるし、お茶に混ぜると渋みが和らぎます。しかも素材の良さは損なわない。合わないのはビールぐらいですね。畳に座ると体が安定するので集中力が増します。子どもたちも畳の部屋で変わりますよ。

 --イ草粉末を使った食品が次々に出てきているとか。

◆自社でティーバッグを作っているほか、他の食品加工会社が麺(めん)や飴(あめ)、青汁など数十種類の食品に使ってくれています。最近は同じ鏡町の野村鮮魚店が、粉末を混ぜた卵焼きやてんぷらなどの食材を盛った弁当を売り出しています。

 --イ草農家や流通業者と「いやしの会」というグループを作っているそうですね。

◆畳向けに無農薬のイ草を生産しています。結成から10年でようやく農家の希望価格で買い取ってもらえるようになりました。成功だと思います。

 --今の思いを教えてください。

◆イ草は素晴らしい素材です。もっとイ草に感謝し、もっと勉強しなければいけません。イ草や畳にはまだまだ可能性があります。昔のような「イ草の街」に戻すことは夢ではありません。

◇プロフィル
実家はノリ養殖の網や、イ草で畳表を作る時に編み込む糸の販売をしていた。1992年にイ草粉末を商品化。現在は八代市商工会観光部会の副部会長として「心の観光」をキーワードに活動している。
毎日jp(毎日新聞)より





最新記事

メニュー

青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス