「明日葉」を使用した青汁の特有の成分「カルコン」で肥満と便秘の解消!


「葉を摘みとっても、明日には新しい芽を出す」明日葉を使った青汁について

美味しい青汁なら、毎日、健康の為に続ける自信があるという方は多いと思います。

その美味しい青汁をご紹介いたします。

青汁という健康食品自体のイメージも随分変わっており、これまでの、「まずい」というイメージが相当払拭されており、特に、美味しい青汁などと言わなくても、最近の青汁は、どれも、大方、美味しいということで評判になり売り上げを伸ばしているのです。

青汁に使用されている緑黄色野菜のなかでも「明日葉」の生命力は、その名前に象徴されるが如く、非常に豊富な栄養素を含んでいます。

「今日芽を摘んでも、明日には新しい芽を出している」

そんな風に言われるくらいそのエネルギーに満ち溢れているのです。

原産地の一つとして知られる八丈島では、古くから健康食の代名詞として島の人々に食されてきました。

また、明日葉は、青汁の中でも非常に飲みやすく美味しい青汁と評判です。

明日葉という植物は、これまであまり耳慣れない植物だったのですが、近年の健康ブームと健康維持のための青汁の人気に伴い、非常に、良く知られるようになりました。

明日葉は、飲みやすく、美味しい青汁として人気のあります。

明日葉は、青汁の中ではとても飲みやすいために、これまで青汁を敬遠していた、若い女性に人気がでることによって更に、青汁の健康食品としての知名度を高める結果となりました。

「明日葉(あしたば)」は「葉を摘みとっても、明日には新しい芽を出す」といわれるほど生命力がある、栄養豊富な緑黄色野菜です。

「明日葉」に含まれる特有成分「カルコン」には、

・脂質の代謝に強く働きかける

・体内の老廃物をスッキリ洗い流す



といった2つの特長があります。

そのほか、体内の余分な水分の排出を促すカリウムや、自然なお通じを支える食物繊維、鉄分、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどが豊富に含まれています。

明日葉青汁は、他の青汁に比べて、栄養素の面で、ビタミン、カルシウム、ミネラルなどが豊富で、血圧の気になる方をはじめ、便秘がちで、 体がむくみやすい、 下半身太りが気になる 、昔に比べて、痩せにくくなってきた、 野菜が苦手で偏食気味などという方にとてもおすすめです。

明日葉青汁には、セルライトと呼ばれる皮下脂肪の解消や便秘を改善する効果あることから、美肌効果にも優れているといわれます。多くの利点がある中で、明日葉の青汁は、続けやすいのが大きな特徴です。

寒い季節は、体の抵抗力の弱い方は、寒さで体調を崩すと、すぐに風邪をひかれるような方がいらっしゃいます。

青汁には、豊富な栄養素を含んでいることから、体の抵抗力をつけて体質改善、健康な体作りから健康維持へ、明日葉の青汁を継続して続けられみてはいかがでしょう。

健康維持と生活習慣病の予防に、明日葉青汁をおすすめいたします。


健康維持に美味しく飲めて女性に人気

明日葉の青汁は、若い人に、とても美味しく飲めるということで、人気のある青汁です。

明日葉の制目力は、とても強く、その名前の由来には、その日に葉を摘んでも、次の日には新しい芽を出すということで付けられたともいわれます。

明日葉の葉には、僅かながら苦味があります。

また、茎には、甘みがあります。

その甘みのある、黄色い汁の中には、抗 菌、抗酸化作用をもっている明日葉特有の栄養素が含まれているのです。

ガンに対する予防にも良いということです。

明日葉をそのまま料理に使われることも多く、天ぷらや炒め物や味噌汁の具として使用したリ、昔から、民間療法として、様々な治療に利用されてきたということです。

明日葉は、女性ならではの大きな悩みの一つである、「セルライト」にも効果的といわれています。セルライトの解消法には、マッサージ法などいろいろありますが、デコボコ脂肪を排除するために青汁のなかでも、まず、明日葉青汁を飲むことから始められてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト



青汁の様々な種類とタイプに関する比較と口コミについて


青汁の様々な種類とタイプに関する比較

さまざまな青汁がある中で、良い青汁を見つけること。

これは健康にとってとても大切なことです。

では、青汁をどのような面から比較するかということですが、まず、青汁は、その主体とする原料が多く存在しています。

たとえば、基本のケールを主体としたものであるとか、大麦若葉を主体としたものである場合や、また、海藻などを主体とした、ちょっと青汁というものの基本的なイメージから離れたところにあるものまで、多種多様です。

緑黄色野菜を主体とした原料となるものが青汁というイメージは、現在の多種多様な青汁製品を見れば、その範囲は境界を越えたところに存在している言わざるおえないでしょう。

一口に比較といっても、上記のように主体原料による比較だけでも、そのサンプルとなるものは非常にたくさんあるのです。

ですから、あまり青汁の効果とその性能を求めすぎると帰って、青汁というものの存在が扱いにくく感じてしまうことにもなりかねません。

自然の健康食品として、合成の添加物を一切加えていないものというのが、青汁を愛飲される方のまず、求められることの条件となるのは、安心して継続できるということが、健康食品に求められる第一の条件であるからです。


健康にとても優れた青汁

青汁は健康にとてもいいということがこれまでの経験で確かにわかりました。

青汁は、たくさんのメーカーから、いろんな商品が販売されています。でも、基本の青汁の成分はその青汁でもかわりはないわけです。

だた、青汁はその主原料によって、味が違いますし、正確にはその成分も違ってくるのです。

そこで、インターネットサイトで多くの青汁に関する比較をしたサイトを多く見かけます。

青汁を比較する場合、どのようなことをポイントにその比較するための目的にするのかということがまず肝心です。

青汁の性能は高く、その効果も幅広いことから、選択する青汁によって間違った比較選択をすると、継続して飲用したとしても、満足のいく結果を得られないということも考えられるわけです。

青汁の比較には、その種類の多さにどの青汁に決定するのか判断に困る時は、やはり、お店などの店頭で売れ筋商品についてのアドバイスを受けることが、比較をするうえで大きな柱になるのではないかと感じます。


青汁の良さを確かに知って始める青汁比較ランキング

青汁はさまざまな原料を主体とした商品が発売されています。

青汁ランキングなどで、人気の高い商品は、どの銘柄が人気なのでしょうか。

最近の青汁の傾向として、美味しくて、飲みやすいということをアピールする商品が多いことに気がつくと思います。

もともと、青汁は、ケールを主体とした緑黄色野菜を使用したものが特徴的であり、その味は、キューサイの青汁に代表されるように、「う~ん、まずい!」でお馴染みでした。

古くて新しい青汁は、その健康食品としての性能の高さから、そのCMを境に、一揆に見直され、日の目を見るようになりました。

青汁ランキングで紹介されているメーカーには、キューサイをはじめ、遠藤青汁、アサヒ緑健、サントリー極みの青汁などが、あげられます。

主体原料には、大麦若葉を主体としたものが、人気があるようです。

抹茶のような味で飲みやすく牛乳と一緒に混ぜて飲むとで、更に健康的に惜しく飲め、美容にも良いことから若い女性の方から多くの支持を受け、これまでの、青汁を愛飲する人達の年齢の裾野が広げられ、人気に拍車がかかりました。

メディアでは、グルメな番組が数多く、映し出されていますが、現代人の食生活は、欧米化への変遷に伴い健康にとって必要な、野菜不足が指摘されてきました。

食べたいものだけを食べるという習慣によって、好き嫌いで食事をされる方が増え、肝心なビタミンや栄養素などをあまり考慮しないということに、憂慮を指摘されていらっしゃ方もおられます。

ビタミンやミネラルなどの多くは、野菜によって十分摂ることができます。その中でも、青汁は、ランキングなどでも、健康食品カテゴリーでは、上位に入るほどの人気の自然食品であり、手軽に不足しがちな栄養素を補給できることから、さらに、青汁人気が高まることが予想されています。

青汁の効果は、アンチエイジングをはじめ、便秘や、生活習慣病の予防まで幅広く、その栄養素も食物繊維をはじめ特に豊富でバランスよく含まれているのです。

青汁の「種類」と「タイプ」をまとめました。


健康食品としての青汁の人気は高く、多くの種類の青汁があります。青汁は健康維持のため、また、美容のためにも最適な健康食品だからです。

青汁の原材料となるものは、一つとは、限りません。その、材料の違いによって含まれている栄養素や味も異なります。基本は緑黄色野菜の葉が、主な原料となります。まず、代表的なのが「ケール」その他には、大麦若葉、小麦、ドクダミ、明日葉、桑、ヨモギ、ゴーヤー黒豆、緑茶、海藻など。

初期の頃の「青汁」に比べれば、バリエーションが豊富で青汁の消費歴史の進化を遂げてきたようです。

そもそも「青汁の定義」とは、いったいどんなものでしょう?それは、また別の機会にページを割きたいと思います。青汁は、もとは普段食用にしている大根や小松菜など、もともと、利用せずに捨てていた部分を絞って青汁として飲むことから始まったとも聞きます。

どの青汁も栄養バランスに優れています。健康が気になる人は、ぜひ、青汁で野菜不足を補いましょう。それぞれの青汁について、ご紹介してまいります。

青汁といっても原材料は様々で青汁に含まれている栄養素や飲み口もかなり異なります。また、自分の体調を認識して自分の体に合った青汁を摂る事が健康促進にも重要です。青汁に使われる様々な原材料の説明をしますので青汁選びにお役立て下さい。

青汁のタイプ

青汁は、ケールや大麦若葉など原料によって、多くの種類の青汁がありますが、製法によっても、いくつかの種類とタイプに分けることが出来ます。青汁は、その状態によっても栄養分や味が変わってきますので、状況に応じて、効率的に利用されることをおすすめします。


粉末状タイプの青汁

青汁を乾燥させたものが、粉末状の青汁になります。粉末タイプの青汁は、その用途において、必要な時に、必要な場所で、利用できるので、習慣的に青汁を飲用されている方には、液状タイプと併用して、この粉末状タイプの併用をTPOにあわせて使用できます。粉末青汁の1日分の摂取量はどれも10g前後のようです。

栄養については、他の種類のタイプのものと比較しても然程、変わりません。また、その他のメリットとして、長期保存が可能です。粉末状で粒子が細かいので、飲用した時ののど越しにザラツキ感が少ないのが、特徴です。また、栄養成分の消化吸収率も良いとされます。

粉末タイプの青汁は、水に溶けにくい面がありましたが、最近では、解けやすいことなどを強調した、商品も多く出回っています。 粉末状タイプの青汁の製法は、乾燥させる段階で、熱が加わるので、「冷凍」やフリーズドライ製法に比べると、やや、ビタミンなどの栄養成分が、劣るともいえるでしょう


フリーズドライタイプの青汁

青汁を急速凍結させ、高熱をかけずに真空の状態で乾燥させる製法です。フリーズドライ青汁は、粉末状タイプの青汁の製法に比べ、ビタミンなどの栄養成分
が壊れにくく、新鮮な青汁をそのまま乾燥した状態で保てる優れた製法とされます。

ただ、その点、価格の面において、冷凍タイプや、粉末タイプに比べてやや高く、また、喉ごしに多少、ザラツキ感のあるものが多いようです。成分と品質を保ちながらも長期保存が可能で、携帯にも便利です。


粒状タイプ・錠剤タイプの青汁

お薬を選ぶときでも粉末タイプのものは苦手だとおっしゃる方は多いかと思います。粒状、錠剤タイプの青汁は、粉末や液状タイプの青汁が苦手だとされる方には、ススメかもしれません。

一般的に市販されているものは、ケールや大麦若葉が主体のもが中心で、原料その物のもつ栄養に加え、更に、その他の健康に必要なビタミンやミネラルを加えた商品があります。粒状タイプの青汁は、その栄養成分において、食物繊維、ビタミン類、ミネラル類など、そのままに凝縮されており、野菜が苦手な方には、特に合理的な健康食品といえます。

錠剤なので、臭いがほとんど無いので、水などと一緒に、手軽にに摂ることが出来ます。携帯にも便利なので、場所を選ばす、手軽に摂ることが出来ます。青汁をサプリメント感覚で簡単に飲めて続けることが出来るので、人気があります。


冷凍タイプの青汁

冷凍タイプの青汁は、成分を壊さずや、鮮度を保つ為のベストな方法と言えるでしょう。この冷凍の青汁は、製法は、各メーカの多少異なりますが、一般的には、生の液体青汁を急速冷凍させたものをいいます。

賞味期限や、保存・保管などの面で、利用については、冷凍庫で保管し、飲用するときに、解凍して飲みます。生の青汁には、特有の臭いがありますので、解凍の際には、あまり解凍しすぎて温かくならないようにしたほうが良いでしょう。

冷凍のタイプには、濃縮され冷凍青汁もあります。青汁本来の良さを体で実感できるのは、やはり液状タイプやこの冷凍タイプの青汁がおすすめです。


遠赤外線製法による青汁

青汁の製法の中には、遠赤外線による乾燥製法があります。その乾燥方法には、低温による乾燥法と、常温による乾燥法があります。この遠赤外線を加える製法は、生の青汁の持つ成分をそのままに

粒や錠剤にする製法です。また、この遠赤外線製法には、青汁の中にに含まれている、γ-アミノ酪酸(ギャバ)やアミノ酸といった成分を更に増幅させる作用があるということが解っています。

ケール主体の青汁は、緑黄色野菜のもつ独特な匂いがあり、一般的に生のジュースでは、飲みづらいといわれますが、遠赤外線製法青汁は、粒、及び錠剤から出来ていますので、匂いなども無く、その味自体もまろやかで飲みやすいとされます。健康にとって青汁は、とても効率的に必要な栄養を効率よく補給できる食品です。生の青汁が苦手な方は、この、遠赤外線製法による青汁がおすすめです。


健康無農薬の青汁

自然食品の中でも、有機農法や無農薬農法で育てられた野菜は、農薬や化学肥料を使用して出来た野菜に比べれば、安全であるといえるでしょう。

この自然農法においての生産は、農薬などを使った農法に比べると生産効率が悪く、大量生産が難しいとされます。しかし、姿、形が整ったスーパーなどで売られている野菜の一部は、農薬や化学肥料を使ったものが多く、自然な形の食物を摂取することが

理想とされる、健康を指向するものからすれば、やはり、形や、サイズに拘らず、無農薬の自然な製法で手間をかけて作られた緑黄野菜をおすすめします。青汁に関しても、市販されている、商品の原料の製造過程を確認して購入されることをおすすめします。

自然農法には、無農薬と、有機栽培などと呼ばれています。有機栽培は、オーガニック製法などとも呼ばれています。有機栽培の場合、3年以上、化学肥料を使用していないものを呼びます。


【青汁の種類】 :ケール・明日葉・大麦若葉・クマザサ・ゴーヤなど

青汁には、様々なタイプと種類があります。

健康食品として、緑黄色野菜の多くの栄養を豊富に含んでいる青汁は、健康維持と生活習慣病の予防には特におすすめであり、青汁に大きな注目が集まっているのです。

ご利用にられる方の健康状態や、生活のリズムなどに合わせて、

それぞれの青汁をご利用になられることをおすすめします。

■ケール青汁
■青汁の種類 / 大麦若葉
■明日葉(あしたば)青汁
■桑の葉 青汁②
■緑茶青汁
■青じそ青汁
■ゴーヤー青汁
■蓬(よもぎ)青汁
■豆乳の青汁
■海藻青汁
■イグサ青汁

◆青汁のタイプ/粉末・フリーズドライ・冷凍


明日葉・大麦若葉の食物繊維豊富な青汁は野菜不足の方におすすめ

・明日葉

「今日、葉を摘んでも、明日にはもう新しい芽を出す」そんな生命力の強さから「明日葉」の名称がついたそうです。アミノ酸、食物繊維の他、葉緑素、各種ミネラル類をはじめ、健康維持に必要な成分が豊富に含まれています。

・大麦若葉

大麦は栽培の途中、新芽を何度も踏みつけることで株分けがおこって増える、大変生命力の強い植物です。草丈20cm前後の若葉には、アミノ酸の他カルシウムといったミネラル類、葉緑素などが豊富に含まれており、くせの無い味が特徴で青汁の代表的原料の一つです。青汁に含まれる栄養素の一つ「ビタミンB6」は、エネルギーを生み出すもととなる他、皮膚の粘膜の健康維持を助ける栄養素なのです。


青汁のケールを掛け合わせた新野菜「プチヴェール」

青汁の原料、ケールと芽キャベツをかけ合わせた野菜というのをご存知ですか?

ケールは、ご存知の通り、青汁の原料として、最もよく利用されています。

いま、この新野菜「プチヴェール」が、ある地区で今、注目されています。

青汁の原料、ケールと芽キャベツをかけあわせた「プチヴェール」は、ビタミンやカルシウムが、豊富に含まれており、ほうれん草の約7倍のカルシウムのほか、カロテン、ビタミンCも豊富。

しかも、イチゴと同等の糖分が含まれているといいます。

従って、この「プチヴェール」素材の味は、掛け合わせたことによって、ケール青汁とは随分異なるらしいです。

砂糖不使用の塩クッキーや、チーズケーキなどのその素材の味を十分に活かした、お菓子などの製造にも利用されているということです。

青汁の健康ブームに乗って、この新野菜「チヴェール」、これからいろんなところで宣伝されるかもしれません。

そういえば、「青汁のお菓子」が、新商品として拡大していくかもしれません。

【青汁の種類 / 海藻青汁 】

ケールや大麦若葉、明日葉といった、従来からある緑黄色野菜を主体とした青汁とは違い、最近、脚光を浴びているのが、ミネラル豊富な海の野菜といわれる「海藻」。この海藻を原料にしたのが「海藻青汁」です。

健康維持と生活習慣病予防の為に、この海のミネレラルを多く含んでいる海藻青汁をおすすめします。

わかめや昆布、めかぶ、モズクなどの海藻には、海の野菜と呼ばれるだけあって、緑黄色野菜に含まれる成分などのほかに、ミネラルが豊富です。市販されている商品は、野菜に負けない豊富な海藻を青汁にして、効率よく吸収できるように、加工されてあります。

ですから、海藻をそのまま加工した乾物などを食用として利用しても、その栄養成分はなかなか体に吸収されにくいのです。海の野菜である海藻は、「青汁」として利用することで、無駄なく優れた栄養分を得ることが出来ます。


海藻青汁には、ビタミン、ミネラル、カルシウムの他に、豊富な鉄分と食物繊維が、含まれており、健康生活の中の健康維持と美容やダイエット全般にもこの「海藻青汁」をおすすめします。


ポイント10倍【送料無料】スピルリナを主原料にした青汁、ミネラルをバランス良く含有、明日葉...

 

毎日、青汁で健康生活!おススメの人気青汁商品♪ 

「桑の葉」を使用した「青汁」の成分とまとめ


桑の葉を原料とした青汁について

桑は、落葉性の高木で、私たちには馴染みの深く、桑の実や葉など古くから民間療法などによって活用されてきました。

桑の葉には、各種ビタミンやミネラルをはじめ鉄分やカルシウムなどの多くの栄養分を豊富に含んでいます。

栄養成分の面からケール主体の青汁と比較しても劣ることのない優秀な青汁です。

特に、成分である ビタミンA の含有率が高いとされます。

また、カルシウム、カリウムやマグネシウム、鉄、食物繊維など、数多くの豊富な栄養素を一度に摂ることが出来るのが、この桑の葉の特徴です。

桑の葉の効用として、血糖値の上昇を抑える効果が期待されており、高血圧など、日ごろ血圧が気になる方におすすめします。

メタボリック症候群、メタボ対策

桑の葉は、メタボリック症候群、メタボ対策もおすすめだということで、注目されています。青汁として、利用する方法だけでなく、その桑を、上手に食材を組み合わせることによって、いろんな方法で桑を健康に生かしていこうという試みがなされていることは、健康を意識する人にとって、とても関心の高い話題です。

桑は、欧米では、ハーブの一種として、重宝されており、また、中国では生薬として利用されるとても、健康に良い食物なのです。カルシウムや、鉄分、そして、なんと言っても食物繊維、その必要な栄養素が、他の食物に比較して豊富に含まれているのです。毎日、食べる食事が、美味しいだけでなく、食べて非常に健康に良いというのが、理想ですね。

また、最近で青汁として、桑の葉を利用することで注目されているのが、生活習慣病の入り口としてのように言われるメタボリック症候群の予防と対策におすすめなのです。ミネラル、マグネシウム、鉄分、ビタミンE、繊維質などを含みメタボ対策としても注目を浴びている健康食品「桑の葉」は、利用法が幅広く、調理やお菓子作りなどにも多く利用されているのです。

桑葉に含まれる栄養素は、お茶の葉よりもカルシウムが約6倍、また、鉄分は約2倍と非常に高く、野菜と比較すると、カルシウムはキャベツの約40倍にもなりますし、鉄分はカブの「140倍」という驚くべき数値がッ出ているのです。

【青汁の種類 / 豆乳 】

豆乳青汁は、青汁の中にケールや大麦若葉、明日葉などの緑黄色野菜の青汁に、豆乳を加えたものをいいます。要ってみれば、青汁をブレンドすることによって、更に、飲みやすくなり、また、豊富なバラエティーに富んだ栄養素を加えることによって、健康機能性を高めたものと言えるでしょう。

その代表的なブレンド青汁として、この豆乳青汁が一般的に普及してきたと言えます。青汁の豊富な栄養素もさることながら、「豆乳」には、大豆パワーの源でもある美容に欠かせないビタミンの代表とされるB1、B2、B6に加えビタミンEを豊富に含んでおり、女性にとっては、肌の健康、美肌に欠かせないとても良い食品なのです。

青汁とこの豆乳の双方の栄養素の豊富なことを考えれば、合体することによって美味しくなるのならこれほど健康維持と生活習慣病の予防の為におすすめの青汁は、他にはないでしょう。

また、大豆には、鉄分においても、牛乳に比べ、「約10」と高く、貧血気味の方や、骨粗しょう症の予防にも、日頃から鉄分の補給におすすめです。このように、豆乳は、美肌にお勧めでもあり、ダイエット食品としても優れており、
青汁と一緒にとることによって、おなかに貯まることから、その他の食事で、カロリーを自然な形で制限することが出来ます。

この豆乳青汁は、日頃から、健康維持もさることながら、美容とダイエットを気にしておられる方には、青汁の持つ豊富な食物繊維によって、お通じを改善して、更にダイエット効果が高まることも期待できることから、とてもおすすめの飲み方では、無いでしょうか?

この豆乳青汁に更に美味しく飲むことが出来るように、「オリゴ糖」を加えたものが商品としてよく知られていますが、これは、豆乳青汁を飲みやすくするというだけでなく、オリゴ糖に含まれるビフィズス菌の整腸作用によって、豆乳青汁の豊富な成分を効率的に吸収してくれる役割をしているのです。

・【青汁の種類・タイプ】

美味しくて飲みやすくい「大麦若葉」主体の青汁のまとめ

美味しくて飲みやすく、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な大麦若葉の青汁

大麦若葉の青汁は、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富であり、その特徴は、美味しくのみやすいということにあります。

大麦は、小麦と同様に作物の中では、古くから存在する原料です。日本にでは、奈良時代の頃には、幅広く分布していました。大麦の成長する過程で、草丈が20から30cm程度に成長した大麦の若葉の事を「大麦若葉」といいます。

その大麦の若葉を搾ったものが大麦若葉青汁です。大麦若葉には、他の緑黄色野菜に比べてビタミンやカルシウムなど、ミネラルを豊富にバランスよく含んでいることから、普段の食事において不足しがちな栄養素を効果的に補うことが出来ます。

ビタミンやミネラルは、健康を維持、また、生活習慣病や老化を防止する上で、欠かせないビタミンであることは、言うまでもありません。また、大麦若葉に含まれる葉緑素は、デトックス作用あり、猛毒性の強いダイオキシンや、コレステロールを吸着し体外に排出してくれる働きがあると言われます。最近では、がんを抑制する作用があることもわかっています。

大麦若葉青汁は、健康維持には、欠かすことの出来ない豊富な栄養素に富むことから、内臓が弱い方や、生活習慣病の予防、日頃から、ビタミンなど、野菜、果物などの摂取が不足しがちな方など、様々な健康面において、不安を感じておられる方には、一つの健康習慣として、この大麦若葉青汁をおすすめします。

タバコを吸われる方や、普段から精神的なストレスを感じておられる方には、ぜひ、おすすめします。

代表的な、飲み方としては、やはりレモンやりんご、蜂蜜などを加えると、それぞれのもつ良い部分が加わり、更に飲み安くなります。とくに、果物の中でも、「一日、一個のりんごは、病気を遠ざけるとも」いわれ、そのビタミンの豊富さに優れていことで知られています。


大麦若葉を主体とした青汁は、とても美味しくて飲みやすい

青汁を長く続けていると、健康というもののありがたさを痛感いたします。

青汁を始める前までは、毎年のように冬になると風邪を引いていたのですが、不思議なことに青汁を継続的に飲み続けていたら風邪を引かなくなったのです。また、4年ほど前に、花粉症のアレルギーで発症して、花粉の季節になると特有の症状で悩まされていました。

その時、友人から「青汁」を初めてすすめられることによって、花粉症の症状が和らぐかもしれないと思って、始めてみることにしました。 その年の花粉症は、青汁を始めたものの、やはり発症は治まりませんでした。始めてすぐだったので、然程、青汁にそのような効果を期待をしているわけではありませんでした。

生来、好き嫌いが激しくて、あまり野菜なども積極的に採るほうではなかったことから、青汁なら食物繊維も豊富で、ビタミンなど野菜に必要な栄養素も十分にとることが出来るということに、とにかく、健康の為に続けることにしました。

そのときに、飲んでいたのは、ケールを主体にした青汁でした。

最初は、飲むことを続けるということに、多少の抵抗を感じながらどうにかこうにか、続けることができていたというのが、本音です。ケール特有の青臭さというのは、ある程度、工夫をしなければ、美味しく飲むとうことには、少し、遠いかもしれません。

でも、慣れというのは、恐ろしいもので、半年も続けてくると、もう、味というものに対する感覚よりも、健康なものなのだからというような意識が働き、言ってみれば、飲むことが習慣になる。

気が付いてみると、その冬には、風邪をひくことがなかったのです。毎年、風邪をひいていたのに。そして、青汁の確かさを実感したのが、次の春でした。

花粉症が治まっていたのです。

不思議というか、ありがたいというか。 

なんともいえない感情が湧いてきました。続けるということはこういうことなのかと。

心の中で、その青汁の確かさを言うものを、私自身の体で、実感し、確信できたわけです。

そんな風なことを経験しながら、もう4年近くなろうとするわけです。

現在は、青汁の種類も増えたことで、非常に手軽に、いろんな種類の青汁を楽しむことが出来ます。

いまは、青汁の中でも有機大麦若葉を主体とした青汁を飲んでいます。

青汁の大麦若葉は、そのままでも美味しく飲むことが出来ることから、家族みんなで欠かさず飲めるということでとても、我が家では、重宝しています。

食物繊維をはじめ豊富な栄養素が含まれいます

大麦というのは、ビールなどに使用されるので、よくご存知かと思います。そんな大麦が、青汁として多くの人に飲まれている。大麦というのは、大昔から存在するものです。青汁の中では、ケールについで親しまれているのです。


青汁に含まれている食物繊維は豊富で、青汁としてとして摘み取られる状態は、最も栄養価の高い若葉の状態。その状態で摘み取られた大麦若葉の栄養価は、もう、とんでもなく他の野菜などに比べると、突出した数値を吐き出すのです。

青汁をおススメするのは、その効果と性能の良さをアピールしているのでありますが、この数値を見れば、もう、納得する以外に無いのであります。はっきり言って、他の野菜を調理して食べることの意味さえ無意味になってしまうのです。ちょっと極端に走りすぎましたね。

いくつか、大まか成す内として例を挙げてみますと、カリウムは約18倍、カルシウムは約11倍、マグネシウムは約4倍の量などとなっています。これらの栄養素の数値が何に良いのかというのは、また、別の機会に致しまして、それほど、優れたところがあるということなのです。

当然、これら以外の栄養素についても豊富であることから、一つ一つの栄養素が、人の健康に及ぼすことの効果らしきことを述べることになれば、それ相当の記述が必要になるのですが、今回は、割愛させていただきまして、青汁のよさをご理解いただきたいと思います。

最後に、この大麦若葉の青汁は、美味しいということで締めくくらせていただきたいのです。青汁のイメージには、青臭く、飲みづらいということを先入観念のようにもっていらっしゃる方がおられます。大麦若葉青汁に限れば、とても美味しく頂くことができますので、ぜひ、健康で長生きと思いの方には、青汁を生涯にわたってお続けになることをおススメします。


大麦若葉青汁の抗酸化作用で美容と健康を維持

青汁で健康生活の毎日は、生活習慣病との「さよなら」を意味することになるのです。

健康な時には、生活習慣というものをチェックする機会というのが、なかなかありません。

自覚症状などがないことは、健康な証拠などと都合の良い生活を反省しなければならないということに少し心当たりのある方は、青汁に関心を持っていただければ幸いです。

健康維持のために、人気の青汁には様々な種類の商品があります。

そのなかでも、人気の高い大麦若葉を主体とした青汁ですが、とても多くの栄養素が含まれていて、美味しくて飲みやすいことが多くの人に好評です。

健康意識の高まりとともに、若年層にもこの青汁が浸透してきたのもこの美味しく飲める大麦若葉を主体にした青汁によることころ非常に大きいといわれます。

健康に良いものは、美味しくなければならないということではありません。しかし、健康食品というものは、健康な生活を維持する為に始めるものですね。

その結果を確かめるためには、毎日の食生活補助として、リズム正しく継続することが大切なのです。そこで、やはり、続ける為には、生活習慣を完全するために、健康に良いことは勿論ですが、続けることに苦痛を感じないということは、1つの大切な条件とも言えるでしょう。

大麦若葉の青汁の効用には、食物繊維はじめ、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、酸化を防ぐ抗酸化物質が含まれていることは注目に価すべき点かもしれませんね。美容とアンチエンジングを意識しておられる方には、この青汁がいいでしょう。

青汁を続けることで、健康的な生活に変化がはっきりと感じられるようになれば、毎日が楽しく明るく輝いて自信をもって生活を送れることにつながるでしょう。

大麦若葉の青汁をぜひ、はじめてみてください。


大麦若葉の青汁に含まれている栄養素
食物繊維、アミノ酸、ビタミンB6、ビタミンC,ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、カロチン、ビオチン、葉酸、β-カロチン、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、葉緑素、、カフェイン(無水)、β-グルカン、グルコン酸など多数。


大麦若葉の美味しいおススメ青汁♪

青汁の中でも大麦若葉主体の青汁は、美味しく飲みやすく人気があります。

大麦若葉は、大麦の新芽のことをいい、何度も踏みつけれても、その株数を増やしてゆく生命力の強さで知られています。

この大麦若葉は、ケール主体の青汁と比べると、独特の青臭さが無く、味も飲みやすく多くの方に好まれ、愛飲されています。

うるおい生華Βサイエンスは、この大麦若葉に、有機緑茶末とオリゴ糖を加えて、贅沢な味に仕上げました。ぜひ、一度、お試しください。

青汁は、こんな方におススメ!

・健康改善で、スムースな毎日を送りたいと望んでおられる方
・普段から、緑黄色野菜の不足を感じておられる方
・青汁は、苦手と感じておられる方
・栄養バランスが偏りがちな方

大麦若葉で作ったおいしい青汁には、大麦βグルカンが非常に豊富に含まれています。

毎日続けることによって体の中から健康になれます。

大麦ベータグルカン(β-グルカン)

ベータグルカンとは多糖類の総称で、砂糖成分から出来ていますが甘みは無く、食物繊維に分類されます。このベータグルカン(β-グルカン)は、健康に関して幅広い分野で研究されています。いち早く青汁の原料である大麦若葉に含まれるベータグルカン(β-グルカン)に着目した青汁も販売されています。

【青汁の種類 /いぐさ・ い草 】

緑黄色野菜として、い草(イ草)がそのまま、食材として料理に利用されたりして食卓に上ることは、あまりないのではないかと思います。また、青汁として、い草(イ草)を利用することもあまり身近に感じるということも無いのではないでしょうか? なんとなく、すこし、抵抗を感じる方もおおいでしょう。

青汁として、健康維持や生活習慣病の予防として利用されるい草(イ草)は、その特徴である、食物繊維の豊富さで、最近、健康食品としての人気が高まっていまるのす。

前記のように「井草(いぐさ)」と聞けば、まず最初に思い出すのが畳の材料として使われる「いぐさ」ですね。青汁として利用されるいぐさは、畳で使用しているものとは栽培方法が違うのです。

イグサ(い草)は、食物繊維のかたまりと言ってもいいくらいで、野菜のレタスと比較すると、40倍。青汁の代表選手であるケールの1.5倍に、相当する食物繊維を含んでいるのです。

このいぐさの特徴である食物繊維の豊富さから、おなかの中の掃除にはもってこいの食材なのです。便秘などのお通じでお困りの方には、特に食物繊維の多いこのイ草(いぐさ)青汁をおすすめします。健康維持や生活習慣病の予防のみならず、便秘は、美容やダイエットの大敵とも言われます。食物繊維の豊富ない草は、太りすぎで駒っていらっしゃる方のダイエットにもおすすめです。

多くの青汁の原料となるこれらの草の葉は、多くの場合、古くから民間療法として、薬草などとして煎じて飲まれていたと言う習慣があります。この、い草(伊草)も例に漏れず、薬草として、古くから利用されてきた歴史があり、利尿作用や、抗菌作用が強いので、傷口の消毒薬など度して使われてきました。

赤ワインやチョコレートなどに含まれる血液をサラサラにするといわれる「ポリフェノール」にいたっても、赤ワインの30倍も含まれているといわれているのです。この数値の高さから見ても、この伊草を主体とした青汁の健康食品としての機能の高さがわかります。

い草を主体とした青汁は、比較的飲みやすく粉末状でも溶けやすくそのままでも飲めますが、ケールや明日葉、大麦若葉などの一般的な青汁同様、牛乳やその他のジュースに混ぜたりして美味しく飲むことが出来ます。


・【青汁の種類・タイプ】

【青汁の種類 / よもぎ 】

 青汁の原料に蓬(よもぎ)を使った商品があります。蓬(よもぎ)といえば、身近な野草として知られています。

堤防の土手に行けば、つくしやタンポポなどと同じように見かけることができます。

よもぎをお餅に入れて練って食べる「よもぎ餅」も、おはぎなと並んでわたしの子どもの頃からの大好物。

青汁として利用される蓬(よもぎ)は、古くから健康維持のための民間療法として、薬草としても親しまれており、血液の流れを良くし、冷え性の方にすすめられ、また、食物繊維を含むため便秘にも効果的です。

この他に、よもぎの成分の中には、がんの発生を抑制する「インターフェロン」という成分が含まれていることがわかっており、抗がん作用があるといわれています。

老化を防止する抗酸化作用にも優れ、メタボリックや生活習慣病に代表される血液にの循環を良くする効用も。

薬草として、殺菌力にも優れ、緑黄色野菜の中でも、葉酸の成分量が豊富です。

蓬(よもぎ)の青汁に含まれる葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種で、造血作用のあるビタミンといわれます。貧血気味の方や、女性の方には、積極的に利用していただきたい青汁であります。

蓬(よもぎ)青汁は、他の種類の青汁に比べ、豊富な栄養素から効用も多く、また、味も飲みやすいので、多くの方に飲まれています。




毎日、青汁で健康生活!おススメの人気青汁商品♪ 


健康機能を高める緑茶青汁に含まれるカテキン

緑茶を利用した青汁と呼ばれるものは、お茶の葉を利用したものです。

その緑茶を単体で青汁としたものよりも、青汁として健康維持の為に最も多くの方に利用され、且つ、ポピュラーでもあるケールや、大麦若葉をブレンドした形の青汁を特に、緑茶青汁などとよんで、その緑茶に含まれるカテキンなどを青汁の栄養などとあわせ、更に健康機能を高めたものとして、商品化されています。

緑茶青汁は、抹茶みたいな味わいで、飲みやすさに定評があり、ケール主体の青汁が栄養価の高さに比べ、飲みづらいことで知られていることから、緑茶によってその部分をカバーしています。

勿論、緑茶自体にも、ビタミンや不老長寿の薬とも呼ばれる「カテキン」が豊富に含まれていることから、とても相性のいい青汁です。

緑茶に含まれる成分・カテキン・タンニンに含まれる成分の一部で、お茶の渋みと苦味のもととなる成分で、緑茶にはこのカテキンが豊富に含まれているのです。

緑茶の効用・効果として、動脈硬化や、心臓病の予防、また高血圧や糖尿病を防止更には、抗がん作用もあるとされ、美容や、ダイエットにもよいとされる、優れた成分なのです。

生活習慣と健康維持の為に、おすすめである、ケールなどの青汁が、苦手という方は、この緑茶青汁をおすすめします。

緑茶青汁も他の青汁同様に、ビタミンやカルシウム、ミネラルや食物繊維が、豊富に含まれていることから、多くの愛飲者がおられます。

 


毎日、青汁で健康生活!おススメの人気青汁商品♪

青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。

メニュー