青汁の「種類」と「タイプ」をまとめました。


健康食品としての青汁の人気は高く、多くの種類の青汁があります。青汁は健康維持のため、また、美容のためにも最適な健康食品だからです。

青汁の原材料となるものは、一つとは、限りません。その、材料の違いによって含まれている栄養素や味も異なります。基本は緑黄色野菜の葉が、主な原料となります。まず、代表的なのが「ケール」その他には、大麦若葉、小麦、ドクダミ、明日葉、桑、ヨモギ、ゴーヤー黒豆、緑茶、海藻など。

初期の頃の「青汁」に比べれば、バリエーションが豊富で青汁の消費歴史の進化を遂げてきたようです。

そもそも「青汁の定義」とは、いったいどんなものでしょう?それは、また別の機会にページを割きたいと思います。青汁は、もとは普段食用にしている大根や小松菜など、もともと、利用せずに捨てていた部分を絞って青汁として飲むことから始まったとも聞きます。

どの青汁も栄養バランスに優れています。健康が気になる人は、ぜひ、青汁で野菜不足を補いましょう。それぞれの青汁について、ご紹介してまいります。

青汁といっても原材料は様々で青汁に含まれている栄養素や飲み口もかなり異なります。また、自分の体調を認識して自分の体に合った青汁を摂る事が健康促進にも重要です。青汁に使われる様々な原材料の説明をしますので青汁選びにお役立て下さい。

青汁のタイプ

青汁は、ケールや大麦若葉など原料によって、多くの種類の青汁がありますが、製法によっても、いくつかの種類とタイプに分けることが出来ます。青汁は、その状態によっても栄養分や味が変わってきますので、状況に応じて、効率的に利用されることをおすすめします。


粉末状タイプの青汁

青汁を乾燥させたものが、粉末状の青汁になります。粉末タイプの青汁は、その用途において、必要な時に、必要な場所で、利用できるので、習慣的に青汁を飲用されている方には、液状タイプと併用して、この粉末状タイプの併用をTPOにあわせて使用できます。粉末青汁の1日分の摂取量はどれも10g前後のようです。

栄養については、他の種類のタイプのものと比較しても然程、変わりません。また、その他のメリットとして、長期保存が可能です。粉末状で粒子が細かいので、飲用した時ののど越しにザラツキ感が少ないのが、特徴です。また、栄養成分の消化吸収率も良いとされます。

粉末タイプの青汁は、水に溶けにくい面がありましたが、最近では、解けやすいことなどを強調した、商品も多く出回っています。 粉末状タイプの青汁の製法は、乾燥させる段階で、熱が加わるので、「冷凍」やフリーズドライ製法に比べると、やや、ビタミンなどの栄養成分が、劣るともいえるでしょう


フリーズドライタイプの青汁

青汁を急速凍結させ、高熱をかけずに真空の状態で乾燥させる製法です。フリーズドライ青汁は、粉末状タイプの青汁の製法に比べ、ビタミンなどの栄養成分
が壊れにくく、新鮮な青汁をそのまま乾燥した状態で保てる優れた製法とされます。

ただ、その点、価格の面において、冷凍タイプや、粉末タイプに比べてやや高く、また、喉ごしに多少、ザラツキ感のあるものが多いようです。成分と品質を保ちながらも長期保存が可能で、携帯にも便利です。


粒状タイプ・錠剤タイプの青汁

お薬を選ぶときでも粉末タイプのものは苦手だとおっしゃる方は多いかと思います。粒状、錠剤タイプの青汁は、粉末や液状タイプの青汁が苦手だとされる方には、ススメかもしれません。

一般的に市販されているものは、ケールや大麦若葉が主体のもが中心で、原料その物のもつ栄養に加え、更に、その他の健康に必要なビタミンやミネラルを加えた商品があります。粒状タイプの青汁は、その栄養成分において、食物繊維、ビタミン類、ミネラル類など、そのままに凝縮されており、野菜が苦手な方には、特に合理的な健康食品といえます。

錠剤なので、臭いがほとんど無いので、水などと一緒に、手軽にに摂ることが出来ます。携帯にも便利なので、場所を選ばす、手軽に摂ることが出来ます。青汁をサプリメント感覚で簡単に飲めて続けることが出来るので、人気があります。


冷凍タイプの青汁

冷凍タイプの青汁は、成分を壊さずや、鮮度を保つ為のベストな方法と言えるでしょう。この冷凍の青汁は、製法は、各メーカの多少異なりますが、一般的には、生の液体青汁を急速冷凍させたものをいいます。

賞味期限や、保存・保管などの面で、利用については、冷凍庫で保管し、飲用するときに、解凍して飲みます。生の青汁には、特有の臭いがありますので、解凍の際には、あまり解凍しすぎて温かくならないようにしたほうが良いでしょう。

冷凍のタイプには、濃縮され冷凍青汁もあります。青汁本来の良さを体で実感できるのは、やはり液状タイプやこの冷凍タイプの青汁がおすすめです。


遠赤外線製法による青汁

青汁の製法の中には、遠赤外線による乾燥製法があります。その乾燥方法には、低温による乾燥法と、常温による乾燥法があります。この遠赤外線を加える製法は、生の青汁の持つ成分をそのままに

粒や錠剤にする製法です。また、この遠赤外線製法には、青汁の中にに含まれている、γ-アミノ酪酸(ギャバ)やアミノ酸といった成分を更に増幅させる作用があるということが解っています。

ケール主体の青汁は、緑黄色野菜のもつ独特な匂いがあり、一般的に生のジュースでは、飲みづらいといわれますが、遠赤外線製法青汁は、粒、及び錠剤から出来ていますので、匂いなども無く、その味自体もまろやかで飲みやすいとされます。健康にとって青汁は、とても効率的に必要な栄養を効率よく補給できる食品です。生の青汁が苦手な方は、この、遠赤外線製法による青汁がおすすめです。


健康無農薬の青汁

自然食品の中でも、有機農法や無農薬農法で育てられた野菜は、農薬や化学肥料を使用して出来た野菜に比べれば、安全であるといえるでしょう。

この自然農法においての生産は、農薬などを使った農法に比べると生産効率が悪く、大量生産が難しいとされます。しかし、姿、形が整ったスーパーなどで売られている野菜の一部は、農薬や化学肥料を使ったものが多く、自然な形の食物を摂取することが

理想とされる、健康を指向するものからすれば、やはり、形や、サイズに拘らず、無農薬の自然な製法で手間をかけて作られた緑黄野菜をおすすめします。青汁に関しても、市販されている、商品の原料の製造過程を確認して購入されることをおすすめします。

自然農法には、無農薬と、有機栽培などと呼ばれています。有機栽培は、オーガニック製法などとも呼ばれています。有機栽培の場合、3年以上、化学肥料を使用していないものを呼びます。


【青汁の種類】 :ケール・明日葉・大麦若葉・クマザサ・ゴーヤなど

青汁には、様々なタイプと種類があります。

健康食品として、緑黄色野菜の多くの栄養を豊富に含んでいる青汁は、健康維持と生活習慣病の予防には特におすすめであり、青汁に大きな注目が集まっているのです。

ご利用にられる方の健康状態や、生活のリズムなどに合わせて、

それぞれの青汁をご利用になられることをおすすめします。

■ケール青汁
■青汁の種類 / 大麦若葉
■明日葉(あしたば)青汁
■桑の葉 青汁②
■緑茶青汁
■青じそ青汁
■ゴーヤー青汁
■蓬(よもぎ)青汁
■豆乳の青汁
■海藻青汁
■イグサ青汁

◆青汁のタイプ/粉末・フリーズドライ・冷凍


明日葉・大麦若葉の食物繊維豊富な青汁は野菜不足の方におすすめ

・明日葉

「今日、葉を摘んでも、明日にはもう新しい芽を出す」そんな生命力の強さから「明日葉」の名称がついたそうです。アミノ酸、食物繊維の他、葉緑素、各種ミネラル類をはじめ、健康維持に必要な成分が豊富に含まれています。

・大麦若葉

大麦は栽培の途中、新芽を何度も踏みつけることで株分けがおこって増える、大変生命力の強い植物です。草丈20cm前後の若葉には、アミノ酸の他カルシウムといったミネラル類、葉緑素などが豊富に含まれており、くせの無い味が特徴で青汁の代表的原料の一つです。青汁に含まれる栄養素の一つ「ビタミンB6」は、エネルギーを生み出すもととなる他、皮膚の粘膜の健康維持を助ける栄養素なのです。


青汁のケールを掛け合わせた新野菜「プチヴェール」

青汁の原料、ケールと芽キャベツをかけ合わせた野菜というのをご存知ですか?

ケールは、ご存知の通り、青汁の原料として、最もよく利用されています。

いま、この新野菜「プチヴェール」が、ある地区で今、注目されています。

青汁の原料、ケールと芽キャベツをかけあわせた「プチヴェール」は、ビタミンやカルシウムが、豊富に含まれており、ほうれん草の約7倍のカルシウムのほか、カロテン、ビタミンCも豊富。

しかも、イチゴと同等の糖分が含まれているといいます。

従って、この「プチヴェール」素材の味は、掛け合わせたことによって、ケール青汁とは随分異なるらしいです。

砂糖不使用の塩クッキーや、チーズケーキなどのその素材の味を十分に活かした、お菓子などの製造にも利用されているということです。

青汁の健康ブームに乗って、この新野菜「チヴェール」、これからいろんなところで宣伝されるかもしれません。

そういえば、「青汁のお菓子」が、新商品として拡大していくかもしれません。

スポンサーサイト




青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。

メニュー