【青汁/効用】葉酸(ようさん)・認知症の予防


緑黄色野菜の王様である青汁には、さまざまな栄養素がバランスよく豊富にふくまれているわけですが、その一つに、葉酸があります。

葉酸(ようさん)はビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から発見されました。葉酸は体内で還元を受け、ジヒドロ葉酸を経てテトラヒドロ葉酸に変換された後に補酵素としてはたらきます。

葉酸を摂ることは、認知症の予防にも注目されています。アルハイマー病や動脈硬化症などによって、認知症を引き起こすといわれていますが、それらの要因は、血中のホモシステインというアミノ酸が増加することで、 発症のリスクが高まるといわれています。

青汁には、葉酸が豊富に含まれており、認知症の予防として、また、妊婦の方にも、特に必要な
栄養素として知られています。

一日の葉酸の摂取量として厚生労働省においては、成人の方であれば、成人で1日240μgを推奨量としています。 葉酸は、加熱などの調理や長期間保存による酸化によって成分が壊れやすいので、青汁の飲用など、新鮮な生野菜や果物が良い供給方法とされます。
スポンサーサイト



青汁には葉酸を含む青汁は、貧血の解消と妊婦の方にお勧めのサプリメント!

妊娠されているお母さんには、母子ともに健康な子どもを産んでいただくために、毎日のバランスの取れた栄養素は欠かせません。

その中でも妊娠中のお母さんが摂っていただきたい栄養素の中のひとつてして、葉酸があげられます。

母子手帳にも健康なお子さんが生まれてくるために、葉酸を摂ることの必要性が書かれてあります。

妊娠の時期に葉酸が不足すると胎児に健康上のリスクが生じるとことになりかねないということなのです。

ですから、これからお母さんになる方は、日頃から、葉酸を含む食品を摂るように心がけるひつようがあります。

青汁は、緑黄色野菜の中でも葉酸を多く含んでいます。

新鮮な緑黄色野菜を心がけるべきですが、若い方は、野菜が苦手という方も多くいらっしゃいます。

青汁は、様々な飲みやすい形で飲用することができますので、ぜひ、おすすめします。


青汁の葉酸の造血作用で貧血を改善

一般的に青汁には、「葉酸」という成分が、多く含まれています。

この「葉酸」という成分についてですが、どのような作用をもたらすかと言えば、貧血の予防に必要な成分とされ、造血作用を持ちます。また、遺伝子情報をつかさどるDNAのコピーとも深く関与しているとされることから、妊娠中の妊婦さんには、とても、必要とされる栄養素といいます。

葉酸が、含まれる野菜には、主に、ほうれん草などがよく知られています。また、動物性の食品として、レバーなどにも含まれています。

葉酸は水溶性のビタミンに属するために、体の中に摂取されても必要以上の栄養素は、体外に排出されます。

緑黄色野菜の青汁には、その葉酸成分が多く含まれていることから、妊婦さんにおススメできる健康食品であるということわけです。

また、青汁で健康維持と生活習慣病の予防のためにも、これからお母さんになられる妊婦さんだけでなく、ご家族で青汁を始められることをおススメします。


毎日、青汁で健康生活!おススメの人気青汁商品♪



青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。

メニュー