大麦若葉の健康食品「エバーライフの青汁」は、美味しくて毎日続けることができます!




エバーライフの青汁は、多くの人から好まれるような青汁を提供することを心がけてきました。

青汁に含まれる高い栄養素を壊すことなく、美味しい青汁ということを常に念頭において、商品が出来上がったのです。

エバーライフの青汁には、青汁独特の臭みやくせがほとんど無く、非常に調整された味で、エバーラフの青汁からはじめられた方には、青汁はまずいものという先入観を払拭されることでしょう。

また、抹茶や黒糖を加えることで、自然の甘みを加えることで、青汁に豊富に含まれる食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素を更に高めることになりました。

その青汁の味と品質の高さは、世界的に権威のある『モンド・セレクション』において、2008年、2009年と連続して銀賞を受賞したことからも証明されているのです。

美味しくて、毎日続けられる「エバーライフの青汁」。

まず、これから青汁を始めようとされる方には、このエバーライフの美味しい青汁をおススメします。

美味しい大麦若の青汁

「よいしょと感じたら?」でお馴染みのエバーライフさん。

そのエバーライフさんの青汁は、とにかく、多くの方のリピーターがいらっしゃると聞きます。

商品の確かさが良くわかりますね。

ですから、おススメするのも自信をもってこの商品をいかがですかってすすめることが出来る。

青汁はとても健康に良いということでたくさんの青汁商品が売れています。

その青汁の中でも青大麦若青汁は、とても美味しく、その生命力の強さは、明日葉青汁に次ぐほどであるといわれている位です。

エバーライフさんの青汁は、その大麦若青汁の飲みやすさに加え、ローヤルゼリーとヒアルロンサンを加え更にパワーをアップしています。

健康管理に青汁はとても栄養が満載なのです。

その中でも、エバーライフの青汁を、おススメします。


自然食品の王様の青汁で健康維持

青汁といえば、たくさんのメーカーさんから商品が発売されていますが、その中でも、おススメなのが、「エバーライフ」さんです。

「エバーライフ」さんの商品は、品質管理が行き届いており、青汁にとって大切な新鮮さが売り物、モットーなのです。

また、初めての方が、青汁に対して感じているイメージは、「青汁=まずい」というイメージがまだまだ感じていらっしゃる人も多いでしょう。

今の青汁を、健康に良い商品として、たくさん買ってもらう為には、やはり「まずい」というイメージは、「マズイ」のです。

「エバーライフ」の青汁は、新鮮で、美味しいというのがテーマなのです。

毎日飲む物は、美味しいものが良いに決まってます。

『多くの人が、おいしく飲んでいただくために、農薬を使わず育てた大麦若葉を使い、収穫は新鮮なうちに収穫をし、その日のうちに工場へ出荷して、その日に加工し必要成分を維持』しているのです。

その新鮮な素材に「ロイヤルゼリー」を加えました。「エバーライフ」さんの商品は、どの商品も、非常に購入されたお客様からの評判が良く、リーピーターとして、愛飲し、長く続けておられる方が多いようです。

新鮮で健康食品として、栄養バランスを考えた「エバーライフ」さんの青汁。美味しく飲んで、長く続けて、健康な体作りを目指しましょう。

野菜や穀物など厳選30品目を配合【飲みごたえ野菜青汁】




スポンサーサイト



大自然のオーガニック農法で作られた大麦若葉の「有機高原の青汁」:初回限定【半額】のお試し価格!



大麦若葉を使用
青汁 大麦若葉 有機農法 jdggs76
青汁は、ビタミンやミネラルなど栄養素が豊富で、バランスの取れた健康食品です。

野菜の摂取量の目安は、大体、一日に350グラムが目安とされていますが、食生活の変化により、摂取量が十分に足りていない年代の方が多いのです。

体の健康を考えて、野菜の中でも緑黄色野菜を中心に、積極的に補うために、青汁をお勧めします。

様々な種類の中でも、美味しく飲める大麦若葉主体の青汁が、人気です。

大麦若葉に含まれる栄養素には、マグネシウム、βカロテン、葉酸、食物繊維など、その他にも体に必要な栄養素が含まれています。

食品会社が作った飲みやすい青汁

自然の大地で有機農法による無農薬で作られたオーガニック青汁。

とても安心して飲めますよね。

お子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで、美味しく飲めて健康な家族へ。

美味しく飲めるのは大麦若葉の青汁です。

健康な体作りのための健康維持、生活習慣病の予防のために、おすすめいたします。

大麦若葉 青汁 djdjcbb776


お申込みについて

お申込み方法は、WEBフォームより必要事項を記入してご購入ください。 また、定期コースの詳細につきましては、下記のお申込み内容を参考にお申込み先のHP(公式サイト)をご覧ください。

お申込み内容のまとめ

・商品:有機高原の青汁!
・販売価格:4,000円(税別)
・初回限定価格:2,000円(税別) (送料無料)
お申込み先こだま食品

・定期コースの特典:続けるほど割り引き率が高くなります。
・備考:初回、シェイカー付き

・定期コースについて:定期コースをご注文の場合、停止希望の場合は、お電話か、オンラインショップからお手続き可能です。
次回お届け予定日の7日前までにお手続きください。

※お試し・モニター・無料サンプル・プレゼントのお申込み期限について記載および数量等の定めのない場合は、予告なしに中止になる場合があります。予めご了承ください。


健康食品の無添加「ドクターベジフル青汁(大麦若葉)」:初回限定「980円」でお試し出来ます!

お試し・モニターについて
健康食品 青汁 お試し初回 jdjdj765
OchiBoレシピから、21種類の野菜の試供品・お試しモニター情報をお届けします。

九州産野菜100%の完全無添加「ドクターベジフル青汁」をお申込みの方に商品(1か月分)を初回限定、980円にてお届け、お試しいただけます。

「ドクターベジフル青汁(大麦若葉)」の特徴

★こんな方におすすめします!

・野菜不足だと感じられている方

・不規則な食生活の方

・お子様が野菜嫌いなどの方

・お通じの状態が気になる方

・肌荒れなどが気になる方


野菜屋さんが作った【ドクターベジフル青汁】は、希少な八女産の大麦若葉青汁をたっぷり配合、21種類の九州産野菜だけを100%使用し、完全無添加で作ったとても美味しく安心で健康的な青汁です。

ビタミンや食物繊維が豊富の青汁は、便秘がちな女性に特におすすめしたい健康と美容を考えた商品です。

また、「青汁が苦手…」という方でも「飲みやすい!」と口々におっしゃるような、すっきりとした飲み口で、大変美味しい青汁です。

※使用されている原材料

大麦若葉末、きなこ、黒糖、かぼちゃパウダー、おから末、さつまいもパウダー、紫いもパウダー、野菜ミックスパウダー(ほうれん草、ケール、桑の葉、トマト、キャベツ、小松菜、人参、サニーレタス、グリーンリーフ、チンゲン菜、春菊、レタス、パセリ、ごぼう、ピーマン、アスパラガス、大葉)


お申込み・応募方法

定期コースでお申し頂いても、1回目でも休止・中止が可能です。 青汁をよりおいしく飲めるシェイカーが付いてきます♪ 応募方法は、WEB応募フォームから必要事項を記入してご応募ください。

尚、詳細につきましては、下記の無料プレゼント内容のまとめを参考にお申込み先のHP(公式サイト)をご覧ください。

お申込み内容のまとめ

・商品:ドクターベジフル青汁(1か月分)
・価格:初回限定:980円 (72%off:通常価格3500円)
・提供:グランデ
・人数:お申込みの方全員
・お申込み先:ドクターベジフル青汁

・申込み期限:記載なし
・応募方法:web

※お試し・モニター・無料サンプル・プレゼントのお申込み期限について記載および数量等の定めのない場合は、予告なしに中止になる場合があります。予めご了承ください。

おススメ!OchiBoレシピ情報


青汁の「種類」と「タイプ」をまとめました。


健康食品としての青汁の人気は高く、多くの種類の青汁があります。青汁は健康維持のため、また、美容のためにも最適な健康食品だからです。

青汁の原材料となるものは、一つとは、限りません。その、材料の違いによって含まれている栄養素や味も異なります。基本は緑黄色野菜の葉が、主な原料となります。まず、代表的なのが「ケール」その他には、大麦若葉、小麦、ドクダミ、明日葉、桑、ヨモギ、ゴーヤー黒豆、緑茶、海藻など。

初期の頃の「青汁」に比べれば、バリエーションが豊富で青汁の消費歴史の進化を遂げてきたようです。

そもそも「青汁の定義」とは、いったいどんなものでしょう?それは、また別の機会にページを割きたいと思います。青汁は、もとは普段食用にしている大根や小松菜など、もともと、利用せずに捨てていた部分を絞って青汁として飲むことから始まったとも聞きます。

どの青汁も栄養バランスに優れています。健康が気になる人は、ぜひ、青汁で野菜不足を補いましょう。それぞれの青汁について、ご紹介してまいります。

青汁といっても原材料は様々で青汁に含まれている栄養素や飲み口もかなり異なります。また、自分の体調を認識して自分の体に合った青汁を摂る事が健康促進にも重要です。青汁に使われる様々な原材料の説明をしますので青汁選びにお役立て下さい。

青汁のタイプ

青汁は、ケールや大麦若葉など原料によって、多くの種類の青汁がありますが、製法によっても、いくつかの種類とタイプに分けることが出来ます。青汁は、その状態によっても栄養分や味が変わってきますので、状況に応じて、効率的に利用されることをおすすめします。


粉末状タイプの青汁

青汁を乾燥させたものが、粉末状の青汁になります。粉末タイプの青汁は、その用途において、必要な時に、必要な場所で、利用できるので、習慣的に青汁を飲用されている方には、液状タイプと併用して、この粉末状タイプの併用をTPOにあわせて使用できます。粉末青汁の1日分の摂取量はどれも10g前後のようです。

栄養については、他の種類のタイプのものと比較しても然程、変わりません。また、その他のメリットとして、長期保存が可能です。粉末状で粒子が細かいので、飲用した時ののど越しにザラツキ感が少ないのが、特徴です。また、栄養成分の消化吸収率も良いとされます。

粉末タイプの青汁は、水に溶けにくい面がありましたが、最近では、解けやすいことなどを強調した、商品も多く出回っています。 粉末状タイプの青汁の製法は、乾燥させる段階で、熱が加わるので、「冷凍」やフリーズドライ製法に比べると、やや、ビタミンなどの栄養成分が、劣るともいえるでしょう


フリーズドライタイプの青汁

青汁を急速凍結させ、高熱をかけずに真空の状態で乾燥させる製法です。フリーズドライ青汁は、粉末状タイプの青汁の製法に比べ、ビタミンなどの栄養成分
が壊れにくく、新鮮な青汁をそのまま乾燥した状態で保てる優れた製法とされます。

ただ、その点、価格の面において、冷凍タイプや、粉末タイプに比べてやや高く、また、喉ごしに多少、ザラツキ感のあるものが多いようです。成分と品質を保ちながらも長期保存が可能で、携帯にも便利です。


粒状タイプ・錠剤タイプの青汁

お薬を選ぶときでも粉末タイプのものは苦手だとおっしゃる方は多いかと思います。粒状、錠剤タイプの青汁は、粉末や液状タイプの青汁が苦手だとされる方には、ススメかもしれません。

一般的に市販されているものは、ケールや大麦若葉が主体のもが中心で、原料その物のもつ栄養に加え、更に、その他の健康に必要なビタミンやミネラルを加えた商品があります。粒状タイプの青汁は、その栄養成分において、食物繊維、ビタミン類、ミネラル類など、そのままに凝縮されており、野菜が苦手な方には、特に合理的な健康食品といえます。

錠剤なので、臭いがほとんど無いので、水などと一緒に、手軽にに摂ることが出来ます。携帯にも便利なので、場所を選ばす、手軽に摂ることが出来ます。青汁をサプリメント感覚で簡単に飲めて続けることが出来るので、人気があります。


冷凍タイプの青汁

冷凍タイプの青汁は、成分を壊さずや、鮮度を保つ為のベストな方法と言えるでしょう。この冷凍の青汁は、製法は、各メーカの多少異なりますが、一般的には、生の液体青汁を急速冷凍させたものをいいます。

賞味期限や、保存・保管などの面で、利用については、冷凍庫で保管し、飲用するときに、解凍して飲みます。生の青汁には、特有の臭いがありますので、解凍の際には、あまり解凍しすぎて温かくならないようにしたほうが良いでしょう。

冷凍のタイプには、濃縮され冷凍青汁もあります。青汁本来の良さを体で実感できるのは、やはり液状タイプやこの冷凍タイプの青汁がおすすめです。


遠赤外線製法による青汁

青汁の製法の中には、遠赤外線による乾燥製法があります。その乾燥方法には、低温による乾燥法と、常温による乾燥法があります。この遠赤外線を加える製法は、生の青汁の持つ成分をそのままに

粒や錠剤にする製法です。また、この遠赤外線製法には、青汁の中にに含まれている、γ-アミノ酪酸(ギャバ)やアミノ酸といった成分を更に増幅させる作用があるということが解っています。

ケール主体の青汁は、緑黄色野菜のもつ独特な匂いがあり、一般的に生のジュースでは、飲みづらいといわれますが、遠赤外線製法青汁は、粒、及び錠剤から出来ていますので、匂いなども無く、その味自体もまろやかで飲みやすいとされます。健康にとって青汁は、とても効率的に必要な栄養を効率よく補給できる食品です。生の青汁が苦手な方は、この、遠赤外線製法による青汁がおすすめです。


健康無農薬の青汁

自然食品の中でも、有機農法や無農薬農法で育てられた野菜は、農薬や化学肥料を使用して出来た野菜に比べれば、安全であるといえるでしょう。

この自然農法においての生産は、農薬などを使った農法に比べると生産効率が悪く、大量生産が難しいとされます。しかし、姿、形が整ったスーパーなどで売られている野菜の一部は、農薬や化学肥料を使ったものが多く、自然な形の食物を摂取することが

理想とされる、健康を指向するものからすれば、やはり、形や、サイズに拘らず、無農薬の自然な製法で手間をかけて作られた緑黄野菜をおすすめします。青汁に関しても、市販されている、商品の原料の製造過程を確認して購入されることをおすすめします。

自然農法には、無農薬と、有機栽培などと呼ばれています。有機栽培は、オーガニック製法などとも呼ばれています。有機栽培の場合、3年以上、化学肥料を使用していないものを呼びます。


【青汁の種類】 :ケール・明日葉・大麦若葉・クマザサ・ゴーヤなど

青汁には、様々なタイプと種類があります。

健康食品として、緑黄色野菜の多くの栄養を豊富に含んでいる青汁は、健康維持と生活習慣病の予防には特におすすめであり、青汁に大きな注目が集まっているのです。

ご利用にられる方の健康状態や、生活のリズムなどに合わせて、

それぞれの青汁をご利用になられることをおすすめします。

■ケール青汁
■青汁の種類 / 大麦若葉
■明日葉(あしたば)青汁
■桑の葉 青汁②
■緑茶青汁
■青じそ青汁
■ゴーヤー青汁
■蓬(よもぎ)青汁
■豆乳の青汁
■海藻青汁
■イグサ青汁

◆青汁のタイプ/粉末・フリーズドライ・冷凍


明日葉・大麦若葉の食物繊維豊富な青汁は野菜不足の方におすすめ

・明日葉

「今日、葉を摘んでも、明日にはもう新しい芽を出す」そんな生命力の強さから「明日葉」の名称がついたそうです。アミノ酸、食物繊維の他、葉緑素、各種ミネラル類をはじめ、健康維持に必要な成分が豊富に含まれています。

・大麦若葉

大麦は栽培の途中、新芽を何度も踏みつけることで株分けがおこって増える、大変生命力の強い植物です。草丈20cm前後の若葉には、アミノ酸の他カルシウムといったミネラル類、葉緑素などが豊富に含まれており、くせの無い味が特徴で青汁の代表的原料の一つです。青汁に含まれる栄養素の一つ「ビタミンB6」は、エネルギーを生み出すもととなる他、皮膚の粘膜の健康維持を助ける栄養素なのです。


青汁のケールを掛け合わせた新野菜「プチヴェール」

青汁の原料、ケールと芽キャベツをかけ合わせた野菜というのをご存知ですか?

ケールは、ご存知の通り、青汁の原料として、最もよく利用されています。

いま、この新野菜「プチヴェール」が、ある地区で今、注目されています。

青汁の原料、ケールと芽キャベツをかけあわせた「プチヴェール」は、ビタミンやカルシウムが、豊富に含まれており、ほうれん草の約7倍のカルシウムのほか、カロテン、ビタミンCも豊富。

しかも、イチゴと同等の糖分が含まれているといいます。

従って、この「プチヴェール」素材の味は、掛け合わせたことによって、ケール青汁とは随分異なるらしいです。

砂糖不使用の塩クッキーや、チーズケーキなどのその素材の味を十分に活かした、お菓子などの製造にも利用されているということです。

青汁の健康ブームに乗って、この新野菜「チヴェール」、これからいろんなところで宣伝されるかもしれません。

そういえば、「青汁のお菓子」が、新商品として拡大していくかもしれません。

美味しくて飲みやすくい「大麦若葉」主体の青汁のまとめ

美味しくて飲みやすく、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な大麦若葉の青汁

大麦若葉の青汁は、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富であり、その特徴は、美味しくのみやすいということにあります。

大麦は、小麦と同様に作物の中では、古くから存在する原料です。日本にでは、奈良時代の頃には、幅広く分布していました。大麦の成長する過程で、草丈が20から30cm程度に成長した大麦の若葉の事を「大麦若葉」といいます。

その大麦の若葉を搾ったものが大麦若葉青汁です。大麦若葉には、他の緑黄色野菜に比べてビタミンやカルシウムなど、ミネラルを豊富にバランスよく含んでいることから、普段の食事において不足しがちな栄養素を効果的に補うことが出来ます。

ビタミンやミネラルは、健康を維持、また、生活習慣病や老化を防止する上で、欠かせないビタミンであることは、言うまでもありません。また、大麦若葉に含まれる葉緑素は、デトックス作用あり、猛毒性の強いダイオキシンや、コレステロールを吸着し体外に排出してくれる働きがあると言われます。最近では、がんを抑制する作用があることもわかっています。

大麦若葉青汁は、健康維持には、欠かすことの出来ない豊富な栄養素に富むことから、内臓が弱い方や、生活習慣病の予防、日頃から、ビタミンなど、野菜、果物などの摂取が不足しがちな方など、様々な健康面において、不安を感じておられる方には、一つの健康習慣として、この大麦若葉青汁をおすすめします。

タバコを吸われる方や、普段から精神的なストレスを感じておられる方には、ぜひ、おすすめします。

代表的な、飲み方としては、やはりレモンやりんご、蜂蜜などを加えると、それぞれのもつ良い部分が加わり、更に飲み安くなります。とくに、果物の中でも、「一日、一個のりんごは、病気を遠ざけるとも」いわれ、そのビタミンの豊富さに優れていことで知られています。


大麦若葉を主体とした青汁は、とても美味しくて飲みやすい

青汁を長く続けていると、健康というもののありがたさを痛感いたします。

青汁を始める前までは、毎年のように冬になると風邪を引いていたのですが、不思議なことに青汁を継続的に飲み続けていたら風邪を引かなくなったのです。また、4年ほど前に、花粉症のアレルギーで発症して、花粉の季節になると特有の症状で悩まされていました。

その時、友人から「青汁」を初めてすすめられることによって、花粉症の症状が和らぐかもしれないと思って、始めてみることにしました。 その年の花粉症は、青汁を始めたものの、やはり発症は治まりませんでした。始めてすぐだったので、然程、青汁にそのような効果を期待をしているわけではありませんでした。

生来、好き嫌いが激しくて、あまり野菜なども積極的に採るほうではなかったことから、青汁なら食物繊維も豊富で、ビタミンなど野菜に必要な栄養素も十分にとることが出来るということに、とにかく、健康の為に続けることにしました。

そのときに、飲んでいたのは、ケールを主体にした青汁でした。

最初は、飲むことを続けるということに、多少の抵抗を感じながらどうにかこうにか、続けることができていたというのが、本音です。ケール特有の青臭さというのは、ある程度、工夫をしなければ、美味しく飲むとうことには、少し、遠いかもしれません。

でも、慣れというのは、恐ろしいもので、半年も続けてくると、もう、味というものに対する感覚よりも、健康なものなのだからというような意識が働き、言ってみれば、飲むことが習慣になる。

気が付いてみると、その冬には、風邪をひくことがなかったのです。毎年、風邪をひいていたのに。そして、青汁の確かさを実感したのが、次の春でした。

花粉症が治まっていたのです。

不思議というか、ありがたいというか。 

なんともいえない感情が湧いてきました。続けるということはこういうことなのかと。

心の中で、その青汁の確かさを言うものを、私自身の体で、実感し、確信できたわけです。

そんな風なことを経験しながら、もう4年近くなろうとするわけです。

現在は、青汁の種類も増えたことで、非常に手軽に、いろんな種類の青汁を楽しむことが出来ます。

いまは、青汁の中でも有機大麦若葉を主体とした青汁を飲んでいます。

青汁の大麦若葉は、そのままでも美味しく飲むことが出来ることから、家族みんなで欠かさず飲めるということでとても、我が家では、重宝しています。

食物繊維をはじめ豊富な栄養素が含まれいます

大麦というのは、ビールなどに使用されるので、よくご存知かと思います。そんな大麦が、青汁として多くの人に飲まれている。大麦というのは、大昔から存在するものです。青汁の中では、ケールについで親しまれているのです。


青汁に含まれている食物繊維は豊富で、青汁としてとして摘み取られる状態は、最も栄養価の高い若葉の状態。その状態で摘み取られた大麦若葉の栄養価は、もう、とんでもなく他の野菜などに比べると、突出した数値を吐き出すのです。

青汁をおススメするのは、その効果と性能の良さをアピールしているのでありますが、この数値を見れば、もう、納得する以外に無いのであります。はっきり言って、他の野菜を調理して食べることの意味さえ無意味になってしまうのです。ちょっと極端に走りすぎましたね。

いくつか、大まか成す内として例を挙げてみますと、カリウムは約18倍、カルシウムは約11倍、マグネシウムは約4倍の量などとなっています。これらの栄養素の数値が何に良いのかというのは、また、別の機会に致しまして、それほど、優れたところがあるということなのです。

当然、これら以外の栄養素についても豊富であることから、一つ一つの栄養素が、人の健康に及ぼすことの効果らしきことを述べることになれば、それ相当の記述が必要になるのですが、今回は、割愛させていただきまして、青汁のよさをご理解いただきたいと思います。

最後に、この大麦若葉の青汁は、美味しいということで締めくくらせていただきたいのです。青汁のイメージには、青臭く、飲みづらいということを先入観念のようにもっていらっしゃる方がおられます。大麦若葉青汁に限れば、とても美味しく頂くことができますので、ぜひ、健康で長生きと思いの方には、青汁を生涯にわたってお続けになることをおススメします。


大麦若葉青汁の抗酸化作用で美容と健康を維持

青汁で健康生活の毎日は、生活習慣病との「さよなら」を意味することになるのです。

健康な時には、生活習慣というものをチェックする機会というのが、なかなかありません。

自覚症状などがないことは、健康な証拠などと都合の良い生活を反省しなければならないということに少し心当たりのある方は、青汁に関心を持っていただければ幸いです。

健康維持のために、人気の青汁には様々な種類の商品があります。

そのなかでも、人気の高い大麦若葉を主体とした青汁ですが、とても多くの栄養素が含まれていて、美味しくて飲みやすいことが多くの人に好評です。

健康意識の高まりとともに、若年層にもこの青汁が浸透してきたのもこの美味しく飲める大麦若葉を主体にした青汁によることころ非常に大きいといわれます。

健康に良いものは、美味しくなければならないということではありません。しかし、健康食品というものは、健康な生活を維持する為に始めるものですね。

その結果を確かめるためには、毎日の食生活補助として、リズム正しく継続することが大切なのです。そこで、やはり、続ける為には、生活習慣を完全するために、健康に良いことは勿論ですが、続けることに苦痛を感じないということは、1つの大切な条件とも言えるでしょう。

大麦若葉の青汁の効用には、食物繊維はじめ、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、酸化を防ぐ抗酸化物質が含まれていることは注目に価すべき点かもしれませんね。美容とアンチエンジングを意識しておられる方には、この青汁がいいでしょう。

青汁を続けることで、健康的な生活に変化がはっきりと感じられるようになれば、毎日が楽しく明るく輝いて自信をもって生活を送れることにつながるでしょう。

大麦若葉の青汁をぜひ、はじめてみてください。


大麦若葉の青汁に含まれている栄養素
食物繊維、アミノ酸、ビタミンB6、ビタミンC,ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、カロチン、ビオチン、葉酸、β-カロチン、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、葉緑素、、カフェイン(無水)、β-グルカン、グルコン酸など多数。


大麦若葉の美味しいおススメ青汁♪

青汁の中でも大麦若葉主体の青汁は、美味しく飲みやすく人気があります。

大麦若葉は、大麦の新芽のことをいい、何度も踏みつけれても、その株数を増やしてゆく生命力の強さで知られています。

この大麦若葉は、ケール主体の青汁と比べると、独特の青臭さが無く、味も飲みやすく多くの方に好まれ、愛飲されています。

うるおい生華Βサイエンスは、この大麦若葉に、有機緑茶末とオリゴ糖を加えて、贅沢な味に仕上げました。ぜひ、一度、お試しください。

青汁は、こんな方におススメ!

・健康改善で、スムースな毎日を送りたいと望んでおられる方
・普段から、緑黄色野菜の不足を感じておられる方
・青汁は、苦手と感じておられる方
・栄養バランスが偏りがちな方

大麦若葉で作ったおいしい青汁には、大麦βグルカンが非常に豊富に含まれています。

毎日続けることによって体の中から健康になれます。

大麦ベータグルカン(β-グルカン)

ベータグルカンとは多糖類の総称で、砂糖成分から出来ていますが甘みは無く、食物繊維に分類されます。このベータグルカン(β-グルカン)は、健康に関して幅広い分野で研究されています。いち早く青汁の原料である大麦若葉に含まれるベータグルカン(β-グルカン)に着目した青汁も販売されています。


青汁で健康維持と生活習慣病の予防

青汁で健康維と生活習慣病の予防に、青汁は、非常に人気のある健康食品です。 このサイトでは、青汁について効果・効能や種類など健康生活の一助に、また、日常生活で青汁で健康維持と、メタボリックや生活習慣病の予防に関する最新の情報をお届けいたします。

メニュー